子供がアレルギーかも!?症状は?対処法は?治るの??

卵
一昔前まではそこまで重要視されていなかった“食物アレルギー”。
しかし昨今では、生活習慣の変化やストレス、空気汚染などによりアレルギーを持っている子供の数が増えていると言われています。

もちろん、昔は医学的な技術がなく、“食物アレルギー”の概要を正しく解明できていなかっただけなのかもしれません。
しかし現代では、アレルギーに悩み、また対応に追われている親御さんはたくさんいるのが実情です。

そこで今回は“食物アレルギー”に焦点をあて、詳しく解説して行きたいと思います。

アレルギーとは?

私たち人間は、もともと「免疫」を持って生まれてきます。
この「免疫」というのは、外部から身体に入ってきた異物を排除する機能です。
しかし、この「免疫」がある特定の物質に対し過剰に反応してしまうことがあります。
これが「アレルギー」と呼ばれる反応です。
このアレルギー反応は、食物アレルギー以外にも、ハウスダスト、ダニ、植物の花粉、動物の毛などで発症することもあります。
また、その症状も人それぞれ異なります。

食物アレルギーについて

食物アレルギー
アレルギー物質を含む物質にはどのようなものがあるのでしょうか?

3大アレルギー(卵・乳製品・小麦)

食物の3大アレルギーと呼ばれているのが、卵・乳製品・小麦です。
特に最もアレルギーを起こしやすいのが「卵白」と言われています。
日々の食生活の中で使用頻度の高い卵・乳製品・小麦がアレルゲンであると、食事の献立にも困ります。
また、子供が誤って食べてしまう危険性も高いため、注意が必要となります。

その他のアレルギー

そのほか、アレルゲンとして有名なのが「蕎麦」。蕎麦アレルギーは、少量でもアナフィラキーショックを起こしやすいアレルゲンとして知られています。
また、果物にアレルギー反応を起こす子供も多くいます。
りんご・桃などで口の中に痒みを感じたり、嘔吐してしまうこともあるでしょう。
アレルゲンとなる食物の数は膨大です。またその反応も人によって大きく異なることから、子供が何か食べ物を食べて体調に変化が見られたときは、直ぐに検査を受け、原因を究明することが大切です。

アレルギー物質を含む食物は何歳くらいからあげ始めるべき?

悩むママ
ここでは、アレルギー物質を含む食物を食べさせる時期について、食材別にご紹介したいと思います。

卵は、卵黄→卵白の順番にあげるようにしましょう。
そして、まずは耳かき1杯程度から、必ず加熱処理をした後、少しずつ食べさせることが重要です。

開始時期は、卵黄の固ゆでで生後7~8ヶ月。
卵白は卵黄を食べられるようになってから1~2ヶ月後からあげ始めるようにしましょう。

乳製品

ヨーグルト、チーズなどの加工製品は、生後5~6ヶ月から始めましょう。
卵と同様に必ず耳かき1杯程度からあげることが重要です。
また、加熱していない牛乳は、たんぱく質を多く含んでいるため、消化機能が未発達の赤ちゃんに与える事は推奨されていません。
1歳を過ぎてからあげましょう。
離乳食で牛乳を使用する場合は、必ず少量から加熱してあげるようにしましょう。

小麦

まずは、パン・パスタ・うどんなどの加工食品から始めます。
生後5~6ヶ月頃から開始しましょう。

その他

蕎麦は、少量でもアナフィラキーショックを起こしやすく、アレルギー反応を起こした場合、死に至る危険性もある食べ物だと言われています。
そのため赤ちゃんの消化機能がきちんと出来上がる3歳になるまでは、食べさせないようにしてください。
また、えび・カニなどの甲殻類は、育児書などによると1歳からとされていますが、こちらも同様にアナフィラキーショックを起こしやすい食品とされているため、アレルギーの疑いがあるのであれば、無理にあげないようにしましょう。

食物アレルギーの症状は?

はてなマーク
食物アレルギーの症状は人によってさまざまですが、以下の症状が多いとされています。

皮膚症状

皮膚が赤く腫れたり、ぶつぶつとした蕁麻疹が出ることがあります。

喘息症状

呼吸器系の腫れにより、咳や喘息を引き起こします。

吐く

突然嘔吐したり、激しい腹痛を起こします。

ショック症状

アナフィラキーショックと呼ばれる症状です。
意識が朦朧としたり、呼吸困難に陥ることもあります。

アレルギー反応が出たときの対処法

対処法
皮膚症状の場合は、まずは様子を見ましょう。
そして、何をどのくらい食べ、どのような症状が出たのか、きちんとメモを取るとよいでしょう。
後日かかりつけ医に相談し、必要であれば食物アレルギーの検査を行ってください。

アナフィラキーショックを起こした場合、また喘息の症状や嘔吐の状況が酷い場合は、至急救急車を呼ぶようにしてください。
また自身での判断が難しい場合は、かかりつけ医や医療機関に電話で相談するようにしましょう。

まとめ

食物アレルギーは、人によって症状も発症する食べ物の種類も異なります。
そのため、普段から子供が食べている食べ物の成分を細かくチェックすることが重要となります。
お子さんの身体に何か変化を感じたときは、何をどのくらい食べたのかきちんとメモをとるようにしてください。

そして、必要があれば“食物アレルギー”の検査を受け、その重度を調べると良いでしょう。
しかし、食物アレルギーといっても、幼い子供のアレルギーの場合、徐々に改善されていくことがほとんどです。

子供が食物アレルギーだといって悲観せず、長い目で見守ってあげることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします