5月5日は端午の節句。兜は?鯉のぼりは?誰が用意したら良い?

こどもの日
5 月 5 日はこどもの日。
しかし、 GW の最中と言うこともあり、今では大型連休のうちの1日としてしか認識していないご家庭も多いのではないでしょうか?
またその反面、おじいちゃん・おばあちゃんと同居されているご家庭などでは「男の節句」として大切にされ、その準備にてんてこ舞いという方もいらっしゃることでしょう。

さて、そんな 5 月 5 日ですが、そもそもどのような日なのでしょうか?
今回は、「 5 月 5 日、端午の節句」の起源や慣わしについて解説したいと思います。

端午の節句とは?

端午の節句
それでは、そもそも端午の節句とは何を意味するのかについて、簡単に説明したいと思います。

まず「端午」とは、つきの「端(はじめ)」の「午(うま)」の日という意味で、5月に限ったことではなく、“毎月はじめに来る午の日”を指す言葉として使用されていました。
しかし、この「午(ご)」という音が「五(ご)」と同じであるため、自然と毎月「5日」を指すようになり、やがて「5月5日」のみを示すようになったと言われています。

そして古来日本では、この「端午の日」に邪気払いのために「菖蒲(しょうぶ)湯」を浴びる慣わしがありましたが、時代が武家社会へと移行するにあたり、この「菖蒲」と「尚武」をかけ、「武士を尊ぶ」節句へと代わり、男の子の誕生や成長を祝うお祭りへと代わって行ったといわれています。

初節句はどうするの?

初節句
それでは、実際に「端午の節句」とはどのように祝ったらよいのでしょうか?
初めに、初めての「端午の節句」、いわゆる「初節句」と呼ばれるものの祝い方について解説したいと思います。

まず、一般的なのは、「こいのぼり」と「兜」を飾り祝う方法です。
「こいのぼり」とは、外飾りと言われており、“跡継ぎが出来た!”と言うことを外に知らせる意味を持っています。
また、「兜」は内飾りと呼ばれ、家の中に飾るものとされています。
兜は、身代わりという意味があり、子供の身代わりに厄を受ける「お守り」になると言われているのです。

しかし、昨今では核家族化が進み、マンションなどで暮らす若い夫婦が増えたことなどから、「こいのぼり」は飾らず、「兜」のみで済ます家庭も増えています。
また、ご主人の実家にのみ飾って貰い、子供世帯には何も置かないなどという家もあることでしょう。
いずれにしても、この祝い事は“ご主人の実家”の意向によって大きく左右すると言えるでしょう。
またご主人が生まれ育った土地の風習なども影響すると考えられます。

こいのぼりや兜は誰が用意するの?

はてなマーク
さて、こいのぼりや兜ですが、誰が用意するのが良いのでしょうか?
一般的には「お嫁さんの実家」が用意すると言われています。

それはもともと、お嫁さんは「嫁入り」と言い、旦那さんの実家に暮らすことが多かった昔の風習から来るもので、旦那さんの実家にお世話になる以上、節句の飾りは嫁の実家で用意するという考えが元となっています。

しかし昨今では、嫁入りとは言え、子供世帯だけで暮らすことが多く、その考え方も代わりつつあります。
中には、「跡取り息子の飾りは、自分たちで買いたい!」と旦那さんの実家が購入を希望する場合もあるでしょう。
最近では、旦那さんの実家の風習や考え方、またお嫁さんの実家の考え方を考慮し、互いに相談し合い、用意するご家庭が増えているようです。

飾りつけはいつからいつまで?

カレンダー
それでは、こいのぼりや兜はいつからいつまで飾るのが良いのでしょうか?

前述の通り、兜には「身代わり」と言う意味があり、子供を厄から守ってくれると言う意味があります。
そのため、実は、「いつでもよい」というのが正解のようです。
また、こいのぼりにおいては、「跡継ぎが出来た」と報告する意味もあることから、五月の節句に合わせて飾り付けを行う家が多いようです。

しかし年中出しっぱなしでは・・・と言うことであれば、春分の日を過ぎてから五月の節句が終わるまでと言うのが良いでしょう。
4月の中旬から下旬までには用意し、 5 月 5 日を過ぎた晴れた日に、片づけを行うのが一般的なようです。

まとめ

以上のように、端午の節句についてまとめさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?
こういった慣わしごとでは、実家の考え方や風習などが影響します。
せっかくのお祝い事ですので、是非おじいちゃん・おじいちゃんと相談し、皆で楽しい日にしたいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします