こどもの日。端午の節句のお祝い方法は?お料理やデザートはどうする?

こいのぼり
5月5日は子供の日ですね。
そして男の子のいるご家庭ではお祝いをするのが日本での習わしです。
しかし、いったい端午の節句ってどうやればいいの?どんなことをするの?そんな疑問がわいてきます。
男の子の端午の節句のお祝いの仕方などについてご紹介致します。

端午の節句は男の子の成長を祝う日

こどもの日
端午の節句は、男の子の健康と成長を願ってお祝いする行事です。
特に今回が初めての端午の節句の場合は親戚や両親などをお招きして、お祝いすることが一般的です。
お食事をしたり、和菓子を頂いたり、子供中心の話題をしながらみんなでお祝いされる男の子を囲んでにぎやかに過ごします。
賑やかと言っても特に気を使うものではないので、そのご家庭で集まる皆が好きな料理やおやつとなるものを用意しておくといいでしょう。
勢いよく泳ぐこいのぼりと兜の置物も、できれば事前に飾っておきたいものですね。

端午の節句のお勧めのお食事メニュー

お赤飯
お祝いなので、ちらしずしや、まっすぐ元気に育つという意味で、たけのこご飯、エビや赤飯など赤くて生命力を感じるもの、めでたいという意味で鯛の塩焼きやお吸い物などがお祝いの席にぴったりです。
また、端午の節句は柏餅は外せませんね。
柏という木は新芽が出るまで古い葉っぱは落ちません。なので、子供が生まれるまでは親は死なないという意味、つまり、家系がたえずに、子孫が繁栄することを意味する良いおやつです。
ちまきはお食事にもってこい。炊き込みご飯みたいで子供も大好きですよね。
ちまきは中国では災いをさけるという意味があります。
ですが、あまりこだわりすぎずに、出席する方の好みとお子さんの好きなものを無理のない範囲で用意して、お酒もちょっとあるくらいでいいでしょう。
ケーキを出しても子供は大喜びですよ。

お祝いを頂いたら

柏餅
お祝いを頂いたら、ありがたく頂戴していいでしょう。
そして、お祝いを頂かなくてもお祝いに出席して下さった方には、帰りにお土産として何かお渡しできるものを用意しておきます。
食事にも出しているかもしれませんが、ちまきや柏餅のお土産は皆さま喜ばれます。
また、その土地の有名なお菓子やお赤飯なども良いでしょう。

端午の節句は特に初めてのお祝いの時には出来れば、親戚も招いて皆さんでお祝いをしてあげると子供が大きくなった時にも良い思い出となりますし、こんなにお祝いしてくれたんだと嬉しく思う事でしょう。
家族みんなで記念撮影をしてもいいですね。
5月は天候に恵まれることが多いので楽しいお祝いになること間違いなしです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします