鯉のぼりや五月人形は、いつ頃どうやって片付ける?

五月人形
小さな男の子が居る家では、鯉のぼりや五月人形を飾りますね。
家族や親戚で端午の節句を祝ったあとは、いつ頃どうやって片付けるのが良いのでしょうか?

遅くなると良くない?

はてなマーク

時期について

雛人形に関しては、桃の節句が過ぎても出したままにしておくと、娘の婚期が遅れるので良くないと言われます。
端午の節句の飾りに関してはそのようないわれは無いようですから、あわてて片付ける必要はなさそうです。
湿気はカビや劣化の原因となります。
時期的に梅雨入りが近くなるにつれて天気も不安定になりますので、五月中旬までのできるだけ早い時期に片付けると良いでしょう

鯉のぼり

外に飾ることがほとんどですので、年中出しておくと季節感を損ないますし、鯉のぼりが傷むのも早くなりますから、端午の節句が過ぎたら片付けを考えましょう。

五月人形

元々は子どものお守りとして飾られるものなので、一年中出しておいても良いのです。
こちらも季節感のある飾りではあるので、玄関先よりも床の間などに飾っておくと良いでしょう。

天気の良い日に鯉のぼりを片付ける

晴天
鯉のぼりは外に飾っておいたものですから案外汚れています。
片付ける際にはきれいにしましょう。
材質を考えると、熱を加えるドライクリーニングよりも洗濯したほうが良いです。
洗った鯉のぼりがきちんと乾いてから、湿気が入らないように箱や袋に納めて片付けましょう。
そのためにはカラッとしたお天気の日が良いでしょう。

ポールも片付ける?

ポール
鯉のぼりを立てるポールですが、こちらも出しっ放しにはしないようにしましょう。
地域によっては庭先に大きなポールを立てているところもありますが、年中風雨や陽光にさらされると傷みも早くなりますから、できれば片付けるほうか良いでしょう。
マンションのベランダなどに取り付けたスチール製のポールとホルダーも、そのままにしておくと錆びてしまいますから、鯉のぼりと共に片付けるようにしましょう。

湿度の低い日に五月人形を片付ける

アドバイス
五月人形はきちんと手入れをしないと傷んでいきます。
片付ける前には埃などを払い、和紙などで包んでから箱に仕舞います。
その際には湿気があると箱の中でカビが生えてしまうので、湿度の低い日に片付けるようにしましょう。
鎧や兜なども同様です。
鉄製の器具がたくさん使われていて錆びやすいので、湿気には気を付けて片付けるようにしましょう。

このように、鯉のぼりや五月人形はいつまでに片付けなければという決まりはありません。
ですが、季節感や片付けの方法を考えると、端午の節句からあまり遅くない天気の良い日に、きちんとお手入れをして片付けるのが望ましいと言えます。

来年もこどもの日を楽しめるように、こいのぼりや五月人形を丁寧に扱いましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします