1歳のお祝いの一升餅とは?

子供の1歳のお誕生日は両親にとっても特別なものですよね。
日本では昔から、子供の1歳のお誕生日にする特別な行事があります。

「この先も健やかに成長しますように」と願いを込めて満1歳になる子供に一升餅を背負わせて歩かせるという行事です。
そんな一升餅でのお祝いの行事をご紹介いたします。

1.一升餅の由来

紅白餅

一升餅とは、一升のもち米で作ったお餅を丸い形にしたものです。

初めてのお誕生日に1歳を無事に迎えられたことをお祝いし、一生の重みとして背中に背負わせることで、一生(一升)食べ物に困らないように・一生(一升)健康でありますように・丸いお餅の形のように一生(一升)円満な人生を送れますように、と言う願いを込めた伝統行事です。

昔からお米は神様にお供えするもので、お米が凝縮されたお餅には神が宿ると言われ、縁起がいいものとされていました。

そのため、お祝いごとにはお餅が欠かせないものとなりました。

2.一升餅のお祝いの行事のやり方は?

1歳のお誕生日での一升餅の行い方は、お餅を背負わせる方法とお餅を踏ませる方法があります。

一般的にはお餅を背負わせる方法ですが、九州地方など地域によってはお餅を踏ませてお祝いをする所もあるそうです。

他にも地域によって、お祝いの仕方は様々なようです。

一升餅を背負うやり方は、子供に一升餅を背負わせて歩かせます。
このときまだ歩いていない赤ちゃんやハイハイしている赤ちゃんにも一升餅を背負わせます。
一升餅をリュックに入れて背負わせたり、風呂敷に包んで子供に背負わせたりと背負わせ方も色々あります。
一升餅も大きく丸い形のものや、一升分のお餅を小さくわけて丸めたものや、様々なようです。

最近では、後からみんなに配るときに配りやすいと言う理由で一升分のお餅を小さくわけて丸めたお餅をまとめてリュックに入れ背負わされる方も多いみたいです。

3.赤ちゃんが一升分のお餅って背負えるの?

一升餅をかつぐ男の子

一升餅とは一升分のお餅で、一升は約1.8kgあります。お餅はもち米を蒸して作るので水分を含んで、合計2kgぐらいになるそうです。

1歳の赤ちゃんが2kgのお餅を背負って歩くなんて、ほぼ不可能なことですよね。
ですので、一升餅を背負った赤ちゃんが一歩でも歩けば、「力強く人生を歩んでいく」と言う意味があり、転んだり立てなかったりすれば「家から離れない」「厄を落とす」などと言う意味があるそうです。ですので、無理やり立たせて歩かせたりする必要はないみたいです。

どちらにしても、縁起ごとなので良い解釈をしてお祝いすることが大切です。
行事が終われば、お餅は親戚やお世話になった方に配ったりして、お餅はなるべく早く食べきるようにしましょう。
せっかくの縁起物ですからね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード:,