足踏み・行き止まり状態になった離乳食。諦めずゆとりのある対応が成功の鍵!

離乳食を食べる赤ちゃん
可愛い天使のわが子。
愛おしく何をしても可愛い・ずっと見ていたい赤ちゃんですが、赤ちゃんの象徴であった母乳やミルクを卒業し食事への第一歩が始まります。

それが、離乳食です。

いずれは、成人のような食事形態・味付けになっていきますが、赤ちゃんには濃すぎる・刺激があり過ぎるので、相応しい食事・離乳食が最適です。

離乳食は、大きな個人差があります。
その差は進み具合、食べる程度(量・回数・種類)、好き嫌いが代表的で、大きな差である事と同時に悩みや課題にもなってきます。

今回は定期的に乳幼児向けの会に通っていた時、アドバイス・助言をいただいた栄養士、保健師、小児科医の言葉を含めてご紹介します。
是非参考にしてみてくださいね。

続きを見る→乳児健診や、小児科受診の時等、子どもの栄養面や指導で食事形式、

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします