牛乳はいつから?離乳食と飲用の開始時期とその分量について。

牛乳
赤ちゃんが5・6ヶ月になると、そろそろ離乳食を考え始める時期になります。
最初は、お粥の上澄みから。
そして少しずつすり潰した野菜や白身魚なども食べられるようになり、徐々に「幼児食」へと移行していきます。

そういった「赤ちゃんが食べられる食物」については、さまざまな育児書などでも解説されており、この食物は生後何ヶ月から、この食物は何歳からと、食物の成分や固さなどで食べられる時期がそれぞれ異なっていることが分かります。

それは、赤ちゃんの消化器官がまだまだ未熟であり、成長に合わない食べ物を食べてしまうとアレルギー反応を起こしてしまったり、内臓を痛めてしまうことが要因です。

それでは今回は、そんな食物の中でも日常で最も身近な「牛乳」について注目し、考えて行きたいと思います。

続きを見る→赤ちゃんの牛乳の飲用は満1歳になるまでは

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします