離乳食の進め方、月齢別の摂取量や回数は?基本の離乳食一覧

離乳食
赤ちゃんの離乳食には、出生時体重や性格、好み、完全母乳育児なのか・混合なのか・粉ミルクなのかによっても多少、変わってきます。
また、ママが育児休暇を終えて仕事へ復帰するか・まだ赤ちゃんと一緒に居られるのか等によっても大きく違ってきます。

赤ちゃんの離乳食は個人によって進み具合がだいぶ異なりますが、今回は離乳食の目安の進め方や月齢別の摂取量についてご紹介したいと思います。
是非参考にしてみてくださいね。

離乳食の進め方と目安、調理形態は?

STEP UP

離乳食初期 5~6ヵ月頃

様子を見ながら1日1回、1匙ずつ始める。母乳・ミルクは欲しいだけ与える

・滑らかにすり潰した状態
・潰したお粥から始める。
・すり潰した野菜等を試してみる。
・慣れてきたら潰した豆腐・白身魚等を試してみる

離乳食中期 7~8ヵ月頃

1日2回食で食事のリズムをつけていく。
色々な味・舌ざわりを楽しめるように食品の種類を増やしていく。

・舌でつぶせる固さ
・歯茎でつぶせる固さ

離乳食後期 9~11ヵ月頃

食事のリズムを大切に、1日3回に進めていく。
家族一緒に楽しい食卓の体験をさせる。

・歯茎で嚙める硬さ

離乳食完了期 12~18ヵ月頃 離乳食完了期

1日3回のリズムを大切にしながら、生活リズムを整える。
自分で食べる楽しみを手づかみ食べから始める。

・歯茎で嚙める硬さ

各食材の摂取目安量は?

離乳食 摂取量の目安

上記の摂取目安には、赤ちゃんの好き嫌い、苦手、アレルギー等、様々な特徴があると思います。
極端な偏りがない程度にバランスを意識されて与えてみて下さい。
機嫌や空腹状況によっても、以前は食べられなかったのが、食べられたという事もあるので諦めないで食卓に出す事が大切ですよ。

また、離乳食がマンネリ化、進み具合が好ましくない場合は、味付けを変えると食べてくれる時があります
例えば薄味の醤油をベースにしていたら、少量のマヨネーズやトマトケチャップ等、見た目も味も変えてみると、同じ材料・メニューでも食べてくれる事が多いです。

離乳食は、先に進んだり、赤ちゃんの機嫌や気分によっても異なると思います。
ママも忙しくなりますが、楽しい食事時間を家族皆で過ごすことで、赤ちゃんも食事の喜びや楽しみ、嬉しさが実感しながら成長していきます。

離乳食の進み具合は本当に個人差が激しいです。
例えばご飯を食べない子、野菜を全く食べない子、色々います。

けれども、無理に食べさせてはいけません
ご飯を1粒も食べなくても、豆腐や肉・魚を食べていれば何も問題ありません。

むしろ、ママの怖い顔や真剣で近寄りがたい雰囲気の方が、離乳食を遠ざけてしまいますよ。

離乳食は、赤ちゃんが食べ物を食べる練習をする時期です。
栄養は、母乳やミルクで十分に摂れているので、離乳食の進みが悪くても悲観的にならず、赤ちゃんと一緒に食事時間を楽しむという姿勢で臨みましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします