栄養もあってコスパ抜群!『バナナ』を使った離乳食&おやつレシピ5選

バナナ
バナナって、ダイエットがブームになるくらい低カロリーなのに栄養価が高く、なおかつ安く手に入るので、コストパフォーマンスが良い食材ですよね。
しかも、適度に甘くて食べやすいので、バナナが大好きなお子さんも多いのではないでしょうか。

ちなみに、バナナの可食部100g当たりのエネルギー(100gの目安:中くらいのバナナ1本分)あたりのの主な栄養素は、このようになっています。
カロリー・・・約86kcal。
タンパク質・・・1.1g。生しいたけ:約2個分。
カリウム・・・360mg。ごはん:1/2杯分に相当。
マグネシウム・・・32mg。6枚切り食パン:1/2枚分に相当。
ビタミンB1・・・0.05mg。ほうれん草:約1/3束分。
葉酸・・・26μg。ピーマン:約3個分。
食物繊維・・・1.1g。レタス:約1/4個分。

出典:バナナ・果物のスミフル

そんなバナナを使った、簡単にできる離乳食&おやつのレシピをご紹介いたしますので、ぜひご参照ください。

初めてのバナナにぴったり! ♡離乳食♡バナナペースト【初期】

♡離乳食♡バナナペースト【初期】

出典:cookpad

バナナを凍らせてすりおろすだけで、簡単にできちゃいます!
とろとろして、赤ちゃんにも食べやすい状態になるので、離乳食初期にぴったりです!

レンジで焼くだけ! レンジで焼きバナナ▼

レンジで焼きバナナ▼

出典:cookpad

包丁でバナナの真ん中に切れ込みを入れて、レンジで約2分加熱するだけ!
甘くてとろとろの焼きバナナができちゃいます♪
プレーンヨーグルトと混ぜたり、時間をおいて冷ませば、お子様にも食べやすくなります。

アレンジ自在! 離乳食 レンジでバナナ蒸しパン

離乳食 レンジでバナナ蒸しパン

出典:cookpad

材料の小麦粉やベーキングパウダーをホットケーキミックスに代えたり、牛乳を粉ミルク+水にしたり、バナナを他の野菜や果物にしたりと、アレンジ自在です!
お子様でも簡単に作れるので、上のお子さんがいる場合は、一緒に作ってコミュニケーションを取るのはいかがでしょうか。

朝食にもぴったり! バナナのスムージー

バナナのスムージー

出典:cookpad

薄くスライスしたバナナを凍らせて、牛乳・ヨーグルト・はちみつをミキサーに入れてかくはんするだけ!
バナナを凍らせる前に、レモン汁を塗っておけば、レモンのほのかな酸味も付き、変色しにくくなりますよ。

とってもヘルシー!おからとバナナの素朴なおやつ

◉おからとバナナの素朴なおやつ◉

出典:cookpad

美肌効果や便秘解消が期待できる栄養素を含んだきなこと、こちらも便秘解消が期待できる食物繊維やナトリウムの排出を促すカリウムなどが含まれるおからを使った、とってもヘルシーなおやつです。
なるべく熟れたバナナを使うのが、おいしくできるコツです!

点線

スーパーでは必ずと言っていいほど売っているバナナ。
お安く手に入るのも魅力ですよね!
この機会に、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします