BLWで離乳食が変わる?そのメリットとデメリットについて

「BLW」という離乳食の新しいスタイルが話題になっているようです。すでに欧米では、発祥の地であるイギリスを中心に「BLW」が盛んに行われています。そこで今回は、BLWとは何なのか、そのメリットやデメリットについてご紹介します。

BLWとは?

Retina pixta 17720934 s

「BLW」は、Baby Led Weaningの略称。
その意味は、赤ちゃん(Baby)が主体となって行われる(Led)離乳(Weaning)ということ。本来離乳食というのは、親が主体となって赤ちゃんに食べさせるというイメージが強いですよね。BLWはその真逆で、すべて赤ちゃんに任せて自由に食べてもらう方法です。

離乳食の内容についても、赤ちゃんが食べやすいように細かくつぶしたり、刻んだりすることはなく、赤ちゃんが手づかみできて、赤ちゃんの歯茎でつぶせる程度の固さであれば、基本的にそのまま出してOKだとか。

従来の日本の離乳食は、流動食から始め、徐々に段階を経て固形物に慣れさせていくというのが一般的。
一方BLWは、離乳食開始時から固形物を与える点が違います。しかもその与え方がユニークで、基本的に食器やスプーンなどは使用せず、食卓の上に食べ物を並べて、あとは自由に赤ちゃんに選んで手づかみで食べてもらうというスタイルです。

BLWのメリットとは?

Retina pixta 11753726 s

1. 赤ちゃんの五感が育つ

赤ちゃんは最初、それが食べ物であるかどうか認識できません。目の前に置かれたものに興味を示し、五感を総動員して、それが何であるのか確かめようとします。

目で見て疑問を抱く→手で触ってみたり、匂いをかいでみたりする→口に入れてみる→歯茎でつぶしたときに出る音や味をキャッチする。

これだけのプロセスで、視覚、嗅覚、触覚、聴覚、味覚すべての刺激になり、スムーズな五感の発達が期待できるそうです。

2. ママの離乳食づくりが楽になる

離乳食づくりには、時間も手間もかかります。従来の離乳食の場合、赤ちゃんが食べやすいようにすりつぶしたり、細かく刻んだりする必要があります。

BLWの場合は、固形物の軟らかさに注意し、アレルギーを起こしやすい食材を避ければそのまま出せるので、離乳食づくりにかける時間も手間も大幅に省くことができます。しかも、食べさせる必要がないので、ママも赤ちゃんを見守りながら一緒に食事ができます。

多忙なママにとって、これは大きなメリットといえそうですね。

Retina pixta 22834851 s

3. 赤ちゃんの自立心が早くに芽生える

最初から食べさせてもらうのではなく、自分で食べるということを学習できるので、従来の離乳食を与えるのに比べ、赤ちゃんの自立心が早く芽生えるとも言われているそうです。

4. 離乳食から普通食への切り替えもスムーズ

段階を経ないので、最初から固形物に慣れていて普通の食事へ抵抗なく移行できるようです。また、早い時期から、いろいろな食べ物の色、形、食感、味などに触れることができるため、偏食せず、なんでも食べられる子に育つ傾向があるとか。

BLWのデメリット

Retina pixta 9462675 s

1. 片付けが大変

BLWの大きなデメリットは、後片付けが大変になる、ということ。慣れないうちは、多くの赤ちゃんが、目の前の食べ物をぐちゃぐちゃにして、食べ散らかしてしまいます。食べ物をおもちゃとして、放り投げて遊んでしまう場合もあるかもしれません。

食卓周りや赤ちゃんの洋服、赤ちゃん顔や体、髪の毛など、食後の片付けや掃除に時間や労力が割かれてしまうようです。場合によっては「これでは本来の離乳食を作っていたほうが楽だった!」ということもあるかもしれません。

2. ママが心配になりやすい?

いくら柔らかくしてあるとはいえ「最初からいきなり固形物を与えて、喉に詰まらせない?」と不安になるママも多く、特に心配症のママにとってはデメリットになるかもしれません。

人体には、反射という誤嚥(ごえん)を防止する機能が備わっており、飲み込めない場合は反射的にえずいて、吐き出すようになっているそうです。BLWによって食べ物を喉につまらせる確率は、通常の離乳食とほぼ変わらないのだとか。

またBLWにはルールがあり、ナッツ類やゼリー類など喉に詰まらせる危険性の大きいものはNGだそうです。万が一のことを考え、誤嚥してしまった時の対処方法などを事前に知っておくと安心かもしれませんね。

3. 食物アレルギーが心配

家族に食物アレルギーがあるなど、赤ちゃんの食物アレルギーが気になる場合は注意が必要です。アレルギーが出やすい食材は避け、様子を見ながら進めましょう。

おわりに

離乳食の新たなスタイル「BLW」、いかがでしたでしょうか。
実践にあたっては、事前にBLWの方法やリスクを理解して、アレルギーになりやすい食材や喉に詰まらせる危険性が高いものは排除するなど、ルールを確認の上実践してみてくださいね。

uchikoto原稿提供:東京ガス ウチコト
東京ガスのウチコト(UCHICOTO)は、家事(ウチのコト)を大事にする私のためのメディア。料理、洗濯、掃除、子育て、家事効率化、暮らしに役立つコト&コツが満載です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします