たくさん母乳を出すために食べると良いもの&対策とは?

母乳育児
母乳育児のママさん順調ですか?最初は色々なトラブルはつきものですが、授乳タイムが素敵な時間になるよう最初が踏ん張り時!
母乳の出が悪いと赤ちゃんはお腹がいっぱいにならず、ぐずり易く母子ともに疲れ機嫌が悪くなるという負のスパイラルに陥ります。
理想的なのは赤ちゃんが欲しがるだけのおっぱいがどんどん出てお腹が空いた赤ちゃんが欲しいだけおっぱいが飲めることですが、困ったことに母乳の出は思い通りにはなりません。
でも!身近にある食材や、簡単にできるマッサージを取り入れると、母乳の出を改善することができますよ!
今回は、そんな母乳の出がよくなる食べ物(飲物)と方法をご紹介し対と思います。
是非参考にしてみてね。

母乳の出を良くする① 水分を摂取する


母乳は水分なので、授乳中は水分を多く摂るようにします。
実際に喉もよく乾きますのでこまめに水分補給をするよう心がけましょう。
多量のカフェインは乳児にとって良くないので、コーヒーなら一日2杯程度にします。
ペットボトルの清涼飲料、スポーツドリンクの飲みすぎも糖分などが一緒に摂れてしまうので麦茶や水などがおすすめです。

母乳の出を良くする② 豆乳を飲む


女性ホルモンのバランスを整えるのにも良いとされる豆乳は飲むと驚くほど母乳の出が良くなります。
イライラの軽減などの効果もあり、授乳期には欲しい栄養が満載です。
最近はコーヒー味、紅茶味、バナナ味などいろいろな味の豆乳が各メーカーから販売されておりますので自分の好みの味のものを見つけると良いと思います。

母乳の出を良くする③ 山芋、長芋


滋養強壮に効果的で言わずと知れた山芋、長芋も一気に母乳が出るようになります。
とろろなどにして食べ過ぎるとおっぱいが張ってしまって辛いことになるかもしれないので注意が必要です。
母乳と共に体力も赤ちゃんに吸い取られて弱っている時ですので最適な食材だと思いますよ!

母乳の出を良くする④ マッサージをする


母乳を出すにはおっぱいマッサージも効果的です。
下から上へ、脇から中へ、斜め下から中央へ寄せて上げるように片方ずつゆっくりマッサージします。
硬いと感じたらほぐすようにマッサージしてフワフワなおっぱいを目指します。
乳首付近が硬いと赤ちゃんは飲みづらいのでぎゅっとつまんで柔らかくします。

母乳の出を良くする⑤ しっかりした下着をつける

だらだらとゆるい下着をつけていると逆効果です。
アンダーバストをしっかり支える授乳用下着を選びましょう。
アンダーバストを支えていると日常生活での体の動きがマッサージ効果になり、自然に張ってきますよ。

万が一、母乳がですぎてはってしまったら?

よく出るようになった母乳を赤ちゃんが飲み切れずに、逆に詰まってしまうことがあるかもしれません。
その場合は詰まった部分を冷やしましょう!保冷材などでとにかく冷やし、あまり揉まないように押し出して余分な母乳を出します。
搾乳のように絞ると余計に張ってきてしまうので要注意!
しこりができてしまったり、発熱してしまったら病院を受診しましょう。

最初は色々ある母乳トラブル。乗り越えて軌道に乗ったら、授乳タイムはママと赤ちゃんにとって、至福の時間となりますよ!
頑張ってくださいね。

————————————————————————————
▼良い母乳を出すために!ママに嬉しい栄養分がたっぷり入っている魔法のドリンクとは?▼
900_3

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード:,