授乳中のコーヒーやお茶のカフェイン、アルコール、アレルギー物質は赤ちゃんに影響する?

母乳を飲んでいる赤ちゃん
母乳は血液から作られるので、血液の質を高める食事が良質な母乳を作ることにつながります。
母乳は、赤ちゃんが食事を摂れるようになるまでの栄養源であるだけでなく、乳幼児突然死症候群のリスク低下や知能の向上・免疫力アップなど様々な効果もあるのです。

母乳に良い食事は、調理に脂や乳製品を多用しない和食です。
しかし、お酒が好きな人・コーヒーが好きな人にとっては、自分の好きなものが摂れないのは少なからずストレスですよね。

では、ママの食事がどれくらい母乳に影響するのでしょうか。
今回は、授乳中ママから赤ちゃんへ食べ物や飲み物がどれくらい移行するのかについて詳しくご紹介したいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

続きを見る→授乳中にお酒を控えるように言われる理由は、ママの血中アルコール濃度と

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします