順調な母乳育児をするために!妊婦さんからできる乳房ケアと注意点とは?

授乳

赤ちゃんは母乳で育てたい!初めての妊婦さんは特にそんな風に思うのではないでしょうか?
けれども、母乳育児が軌道に乗るまでの道のりは「忍耐」の一言です。

また、1人目のお子さんが色々な状況から、母乳育児が困難となり、ミルク(人工栄養)となったママは、
“2人目こそは、母乳育児したい”“もしかして、またダメなのかな・・・”等と期待と不安の入り混じった心境にあると思います。
増して、今は先に生まれたお兄ちゃん・お姉ちゃんのお世話でも忙しいので、母乳が順調に・起動に乗るかが最大な課題であり、難点でもあります。
しかし、生まれる赤ちゃんにとっては、ママの母乳・乳首しかその存在を知りません。

最初から出なくても諦めないで、ネガティブにならない事が母乳育児の必勝となり、現実へと繋がります。
今回は、そのようなママで妊婦さんである方へ妊娠中から母乳育児が可能になる準備をお伝えします。

最初から母乳が順調な人はいない

授乳
妊娠が初めてでも、経産婦さんでも赤ちゃんが生まれて直ぐに母乳が順調に出て、十分に飲ませられるくらいの量が出るのではありません。
これは、一般的であって気にする事は何もないです。
しかし、乳首や乳腺の具合から頑張っても満足な母乳育児ができるとは断言できない時もあります。

また、俗に言われている「おっぱいが大きいから出るお乳ね」、「小さいから出ないわね・・・」等と言った言い伝えのような・ジンクスのようなものに、何の根拠もないのでご安心されて下さい。

単刀直入に伝えるなら、おっぱいが大きくても出ない人は出ません。
その逆に、小さくても順調に出る人も沢山います。
また、乳首のトラブルさえ取り除けば母乳が出る人も多くいます。
乳腺は生まれつきといった個人差がある為、乳腺が少ない方は量が出ない・出にくいといった事もありますが、これもホルモンが支配する為、正しい授乳方法や理想となる食事摂取をしていれば、何の問題なく“完全母乳育児”も可能です。

ステップとして、簡単に流れを書きます。

最初は滲むように出る、タラタラと出る、少しずつ出てくる、吸われると出る、時間的に母乳が作られているのが実感できる、張ってくるといった進行過程になります。
その間、何かしらのトラブルがあっても諦めないで、毎日励み、“これがダメならこっち“とケアを変えながらも続行する事が重要です。

妊娠中からのケア

妊婦さん

1.乳房の支持

乳房を圧迫しないように、乳房の変化に応じて妊婦・産後用ブラジャーをする。
少し大きめでゆとりがあるブラジャーが、乳房にとって最適です。

2.乳頭の清潔

妊娠18週頃から、初乳が極少量ですが分泌されてきます。
粘調度が高く、乳頭の表面を痂皮様に覆うので、これを放置すると乳頭亀裂の原因になります。
妊娠20週頃から、入浴時に乳頭を優しく丁寧に洗うと望ましい乳首が保たれます。
剥がれにくい痂皮状態になったら、無理に自分で取らず・剥がさずに、妊婦健診時に医師・助産師へ診てもらい、適切な処置を受けられる事をお勧めします。

3.陥没乳頭の手入れ

授乳が困難となりやすく、乳頭トラブルを起こしやすい乳首です。
この為、妊娠中から乳頭の形を整えておく必要があります。
乳頭・乳輪部のマッサージをしたり、ブレストシールドを使ったりして、乳首を出していくように誘導します。
乳頭のマッサージは、子宮収縮を誘発しやすいので、流産・早産の既往歴のある妊婦さんと、切迫流産、早産の妊婦さんは禁忌です。
妊婦さん自身でできるのは、ブレストシールドのみで、他の方法は助産師しかできません。
子宮収縮から陣痛に繋がり、早産へとなってしまうリスクもあるので必ず助産師・医師の許可と方法を受ける事が重要です。

何としても母乳育児でやるという意欲が大切

赤ちゃんとママ
ここでは、母乳育児が可能と医師や助産師から判断されている事を前提にしています。
持病や体調の程度によって、母乳育児が難しい方もいらっしゃいます。
もし、母乳育児が困難な場合は、自分を責めないで粉ミルクに頼って下さい。

“粉ミルクは悪い”とか、“また、ダメだった”と自責や落ち込みは一時的にされて、後は明るく前向きに赤ちゃんと接していただきたいです。
ショックや自責の気持ちも分かりますが、その心情は赤ちゃんには好ましい環境ではありません。

その理由として、赤ちゃんはママが自分を“可哀想だ・・・ごめんね”、“ママがいけないのね。何でこうなるのかしら・・・”等と思うと、“粉ミルクを飲んでいる自分は可哀想なんだ“、”粉ミルクって悪いんだ“と覚えてしまうからです。

なので、ネガティブにならず、「美味しいミルク飲もうね、栄養たっぷりね」等と前向きな言葉をかえてから飲ませる事が大切です。

母乳は起動に乗っても、時に痛い事があります。
起動に乗るまでは大変で、めげそうになるかもしれませんが、「母乳育児は最高な栄養と、愛情時間且つスキンシップ時間」と良い事のみを考え、決して諦めないでやり抜いていただきたいと思います。

痛みがあれば馬油や乳首パットで痛みを和らげつつ、母乳育児を続行する事が重要です。
止めてしまうと、悪循環サイクルを引き起こす可能性も出てくる為、自分と赤ちゃんを信じて励まれて下さい。
達成感と充実感、何より至福の母子時間が待っています。

吸われるのに激痛を感じる場合は、母乳外来や訪問助産師・個人開業の助産師に観てもらう事で、再び軌道に乗る事が十分に可能です。
同時に、精神的ストレスや過度な重圧は母乳生成に悪影響を与えます。

2人目だけに今以上、忙しくなりますが“何とかなるさ”、“きっと、この子は大丈夫。
おっぱいも大丈夫”と終始、前向きで貫いていただきたいと思います。

休息や睡眠を意識し、母乳がつまらない・つまりにくい食事を摂り、規則正しい食事と適度なストレス発散の為の“ずぼら”も大切です。

関連ワード:,

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします