ゴールデンウィークは卒乳のチャンス!卒乳を検討してるママは是非挑戦してみては?

授乳
ゴールデンウィークのような大型連休には是非、おっぱいを卒業させてみましょう。
今度の休みに、、、そう思いながらなかなか踏ん切りがつかないママも沢山いるでしょう。
ゴールデンウィークに卒乳出来ちゃうコツをご紹介致します。

大型連休こそ卒乳のチャンス!

チャンス
大型連休は旦那様がお仕事お休みだったり、親戚の家に遊びに行ったり、じいやばあやにも家事や育児を協力してもらいやすい時ですよね。
そんな長いお休みにはいままで難しかった、卒乳にチャレンジしてみましょう。
いきなり、突然あげないとなると、かなり駄々をこねますから少し準備が必要です。
まずはゴールデンウィークの少し前から言い聞かせをします。
「オッパイはもうすぐ終わりだよ、ばいばいしようね」「パパがお家にいるときにオッパイとばいばいね」
というように言い聞かせをしておきましょう。
そうすると、なんだかわからないけれども、オッパイはさよならなんだと子供なりにわかり始めます。

ゴールデンウィークに入ったら

アドバイス
ゴールデンウィーク前日又は初日は最後の授乳でもOKです。
必ず「今日が最後の授乳だよ~、明日からはバイバイね。」と語りかけながら授乳をしましょう。
そしてもしもまだ1日2回や3回授乳していたらお昼は授乳をやめましょう。
そのため、午前中は思いっきり運動系の遊びに誘って、早めのお昼を食べて、ぐずるまもなくぐっすり寝られるようにしておきます。
もしもおっぱいを欲しがっても、何とか抱っこであやして乗り切りましょう。
泣いても眠ければ数分で泣き止んで寝てしまいます。
ママはちょっと切なくなるかもしれませんが我慢です。

ゴールデンウィークの夜の授乳もやめる

バツ
夜はちょっと大変かもしれません。
今まで授乳で寝ていた場合は特に大変でしょう。
オッパイとお別れの代わりに大好きなぬいぐるみや肌触りの良いガーゼを与えてあげましょう。
泣いたら、「オッパイさんもねんねしちゃったよ~」「おっぱいバイバイ頑張ろうね」と話しながら抱っこしてあげて下さい。
夜中に泣くこともあるでしょうがここがママの頑張りどころ。
パパにも手伝ってもらって、交代で抱っこして寝かしつけしてあげて下さい。

最終手段はシール

シール
どうしても泣いて騒いで仕方ないなら、オッパイのところにシールを貼ちゃいます。
アンパンマンとかミッキーマウスとかのシールを貼ってママのオッパイを隠しちゃいましょう。
「ママのオッパイはもうバイバイだって、かわりにアンパンマンが笑っているよ!」
子供が大好きなキャラクターでにこにこになります。このシール貼りをやると不思議なくらい自然に卒乳出来ます。
最初に「アンパンマンがオッパイについていたらオッパイはバイバイだよ~」と言っておくのもいいですよ。

長い休みは、家族の家事や育児サポートがあれば卒乳に時間がかけられますし、ぐずっても子供の気のすむまで付き合ってあげられます。
是非この機会に卒乳しちゃいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします