母乳育児!乳腺炎でガチガチな時の対処法は?

赤ちゃんのお世話するママ

母乳育児をしていると体験する乳腺炎。これは体験した人にしかわかりません。ダンナさんに愚痴っても理解してもらえず、母乳育児をした人でも同じ境遇になった人じゃないと悩みを理解できません。おっぱいがパンパンに張ったように感じて痛くなったら、どうすればいいのでしょうか。

おっぱいマッサージを早めに!

生まれたばかりの赤ちゃん

一番のおすすめは、おっぱいマッサージです。自分で胸を揉んで流れをスムーズにするほか、蒸しタオルで胸の周りをマッサージする、オリーブオイルなど油を使っての乳首マッサージをして”開通”させてあげて母乳を”出す”ことが有効です。

乳腺炎は肩こり、疲れで起こることが多く、生後すぐの赤ちゃんを抱えての場合は「上手におっぱいが出ていない」ことが原因。入院中に起こったら主治医の先生に相談すると、おっぱいマッサージをしてくれる助産師さんを連れてきてくれることもあります。

足りているようなら母乳バッグの活用も考えて!

赤ちゃんとママ

母乳がたまりすぎている場合は、流れをスムーズにしてあげるだけで乳腺炎は解決します。赤ちゃんの飲みが弱いときもあるので、そんな時は、母乳バッグを使用して冷凍しておくことも考えます。

赤ちゃんの飲みでは弱いのなら、もったいないものの捨ててしまうことも視野に入れて。赤ちゃんが飲むおっぱいが少ないと、ママの胸におっぱいが残ったままで乳腺炎になることもあります。そんな時は、搾乳などで出し切ります。

注意したい!細菌が入った場合も

泣いている赤ちゃんとママ

乳腺炎で深刻なのは、細菌が入る場合。赤ちゃんの口の中に細菌が増えたことに起こる乳腺炎は、授乳中に赤ちゃんが乳首を噛んだりすることで起こります。

乳首が痛くなって炎症が起こっているのなら「急性化膿性乳腺炎」。おっぱいのたまりだけではない問題です。おっぱい全体が腫れて、体調も悪くなり、脇の下が痛くなり、38度以上の熱が続くようなら病院に急いで。

殺菌や膿を取り除く必要があります。ひどい場合だと乳頭を切開することも。おっぱいがたまっての乳腺炎も病院でマッサージを受けられることもありますから、いつもと症状が違うのなら早めに病院を受診したいですね。

水分は1日2リットル目標で飲むように!食べ物は?

水の写真

乳腺炎の予防としては、チーズや生クリームのような乳製品は避けるようにしたいところ。

牛乳も一見すると水分でいいように見えますが、実はN.G.。乳腺炎の原因になりやすいです。ノンカフェインの麦茶やブレンド茶をいっぱい飲み、夏場はいつも以上に飲むようにします。目標は1日2リットル。たっぷりの水分でおっぱいを出やすくします。

点線

オリーブオイルでの乳首マッサージをはじめ、赤ちゃんが飲み終わったらクリーンコットンでおっぱいを拭いて清潔に保つなど気を配れるといいですね。
乳腺炎で言えることは、自己流はやめて早めに病院の受診を。おっぱいがたまっているだけのケースならいいですが、重症化すると大変です。専門家の知識をあおぎましょう!

▼こちらの記事もおすすめ
授乳中乳首が痛い!血豆や白斑ができた・・・。原因は?対策は?
ママは出産後も痛い!出産直後のおっぱいトラブル対策とは?
経験者は語る。辛すぎる、卒乳・断乳のオッパイトラブル対処法。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: