悩んでませんか?赤ちゃんの授乳間隔

赤ちゃん

離乳食が始まるまでの6〜7ヵ月まで、赤ちゃんはミルクや母乳のみを栄養として育ちます。それ故、授乳間隔に過敏になってしまうママも多いのではないでしょうか?

特に、生後3ヵ月くらいまでは、赤ちゃんとの生活ペースも授乳のペースもまだまだ整わない時期なので、色々と心配になるものです。そして、ミルクと母乳の違いでも、また授乳の間隔は変わってくると思います。

では、赤ちゃんの授乳ペースはどう把握したら良いのでしょうか?

1.自分の母乳量を把握する

ミルク哺乳瓶
これは母乳の場合に当てはまることですが、生後間もない頃はどのお母さんも大抵は母乳から始めると思います。

よく産まれたばかりの赤ちゃんは、3時間置きに起きると言われますが、確かにこの時期の赤ちゃんは、お腹が空いたら起きて泣くというペースなので、ほぼ3時間間隔になり、赤ちゃんが起きる間隔が母乳量に繋がります。

しっかり寝てくれていたらお腹が満たされており、逆にすぐに起きてしまったり、授乳が終わってもまだ泣き止まないようなら、母乳は足りてないかもしれません。ミルクを足しながら授乳間隔の様子を見ていきましょう。

2.母乳やミルクの量が把握できたら、赤ちゃんのペースに合わせる

ミルクを飲む赤ちゃん

赤ちゃんに必要な母乳やミルクの量が把握出来たら、赤ちゃんの授乳間隔にある程度合わせてあげましょう。

生後2ヵ月頃からは、赤ちゃんそれぞれの個性が出てきます。抱っこしてないと寝てくれない赤ちゃん、時間をかけてゆっくり飲む赤ちゃん、一度にたくさん飲めて長く寝る赤ちゃん、逆に一度にたくさん飲めない赤ちゃんなど、飲み方や飲む間隔はまちまちです。

また、日によっても赤ちゃんのご機嫌は違うので、あまり神経質にならず赤ちゃんに合わせてあげましょう。ただ、ミルクの場合はあまり飲ませすぎも良くないので、おしゃぶりをあげて気を紛らわせてあげるなど少し工夫が必要かもしれません。

3.間隔が飽きすぎる時も注意

眠る赤ちゃん

生後4ヵ月頃からは徐々に昼夜の区別もつくようになり、授乳間隔が長く空く赤ちゃんも出てきます。中には夜から朝まで一度も起きないことも時々あります。

しかし、それが続いてしまうと体重の増えが悪くなってしまうので、夜中に起きない赤ちゃんの場合は一度は起こして飲ませてあげてください。

また、新生児期の空きすぎる授乳間隔も注意が必要です。生後間もない赤ちゃんにとっては、一回一回の授乳でかなりの体力を消耗します。小さめの赤ちゃんだと、疲れ過ぎて目を覚まさないというケースもよくあります。

それも体重の増えが悪くなり体力が付かないので、3時間置きには起こして授乳するようにしましょう。

授乳間隔は赤ちゃんによって本当に様々です。

我が家にも4人の子どもがいますが、それぞれ違いました。よく寝てくれる子、すぐ起きる子、ずっと抱っこの子。授乳間隔の長い短いに一喜一憂せず、大きな気持ちで赤ちゃんに接してあげてください。

最初は色々と不安ですが、親子のペースが掴めてくると対処方も分かってきて楽になるはずです。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします