子どもの「お菓子買ってー!お菓子食べるー!」問題。どう切り抜ける??

お菓子を選ぶ子供
最初が肝心な事は誰でも承知ですよね・・子供のお菓子問題!
最初こそ、お菓子に子供自ら気付くまで親からはなにも言わずお菓子コーナーだって通り過ぎていた日々が懐かしく思えてしまいます。
一度食べた「美味しい」刺激は忘れられず、しっかりと外箱の色やデザイン等を記憶し、お菓子コーナーを通ってしまった日には無言でカゴに持ってくる初期段階。
戻すように言っても今度はジタバタともがき泣き喚き、大人の目も気になりだし仕方なく購入してしまう負のスパイラルに陥ると本当にお菓子は抜け出せなくなってしまいます。
お菓子の摂取は無ければ無いだけやはり良い効果があるでしょう。
虫歯にならない、小児糖尿病のリスクも減れば疳癪もない子供でいられます。
でも、大きくなれば避けては通れない「お菓子」問題。
皆さんはどうやって上手く乗り越えているのかリサーチしました。

続きを見る→我が子がスーパーでわめき散らしている場合、どんな親でも

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします