言葉を話すようになったらやるべき事。キレイな言葉づかいを教える方法について

お話をしている子供
「最近の若者は・・・」と言うと、歳を取った様に感じますが、やはり思うのは「最近の若者は言葉遣いを知らない」と言うこと。
中には綺麗な言葉遣いをしている若い方もたくさんいますが、時々びっくりするような話し言葉を聞くこともあります。
自分の子供には綺麗な言葉を使って欲しい。
親であれば、誰もがそう思うもの。

そこで今回は「子供に綺麗な言葉使いを使ってもらう」為に親が出来ることについて考えてみたいと思います。
是非、参考にしてみてくださいね。

親が見本となる

○をする女性
子供の言葉遣いを綺麗にするには、まず親がその見本となることが重要です。
子供は親の背中を見て育つと言うとおり、親が汚い言葉を使っているようでは、子供の言葉が綺麗になるはずがありません。

例えば何か物を取って欲しいとき「お茶!」の一言で済ませてはいませんか?
お茶を取って欲しいときは、きちんと「お茶を取ってください」と親が言うように心がければ、子供はそれを真似するようになるでしょう。

そして、お茶を取って貰ったら「ありがとう」と言うように気をつければ、子供も自然に「ありがとう」が言える様になるものです。

続きを見る→子供は、保育園や幼稚園で覚えた言葉をそのまま

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします