食事中にうろうろと歩き回る。ジッと座ってられない子どもの特徴と対策

食事中に歩き回る子供
食事中にうろうろと歩き回り、じっと座っていられない。
そのため、外出もおろか、家での食事もゆっくりと食べることが出来ない。
そう思い悩んでいるお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそんな「食事中に歩き回る子供」に焦点を当て、歩き回る子供の特徴と原因、その対処法について考えてみたいと思います。

食事中歩き回る子供の特徴と原因は?

悩むママ

食事に興味がない

まず食事中に歩き回る子供の特徴として「食事に興味がない」ということがあげられます。
食事に興味が無いため、もっと遊びたい、食べているのが退屈など、他のことに関心が向いてしまい食事に専念することが出来ない。そのため“食事中に歩き回る”と言う行動に移るケースが多いでしょう。

お菓子を食べ過ぎる

日中お菓子を食べすぎ、お腹が空いていない。
と言うケースもあります。お腹が空いていなければ、必然と「食事に興味が持てない」ため、食事中に動き回るという行動をとるようになります。

飽きっぽい

すぐに他のことに興味が移ってしまい、食事に集中できないというケースもあるでしょう。
この場合、またすぐにお腹が空くため、食事以外の時間に食べ物を欲しがることがあります。
そして、きちんとした食事の時間に食べることが出来ないという負のループに繋がります。

子供が食事中に動き回らないようにするためには?

ポイント
それでは、子供が食事中に動き回らないようにするにはどうすればよいのでしょうか?

食事の前には部屋を片付ける。テレビを消す。手を洗う。

まず大切なのは、「今から食事を始める」ということを、きちんと子供に分からせることです。
部屋を片付け、テレビを消し、手を洗う。
これらのことをするだけで、子供は「今から食事なんだ」と認識することでしょう。
また部屋を片付ける、テレビを消すと言うこと、他のことに関心が移ってしまうことを防ぐ効果もあります。

食事を楽しい時間にする

一昔前は「食事中に話をしてはいけない」と育てる親が多くいました。
しかし、「食事とは楽しいもの」。食事中に今日一日どんなことがあったかなどを会話し、食事の時間を楽しむようにしましょう。
子供も「食事は楽しい」と思うことが出来れば、食事中に椅子に座っていることが苦痛ではなくなります。

親が手本を見せる

子供には「じっと席に座っていなさい」と言うものの、食事中に新聞を読んだり、テレビを見たりしている親御さんはいませんか?
子供を育てるには、まずわが身を正すことが大切。自らが見本となることが必須です。

ご飯をきちんと食べなかった日は、おやつはあげない。

前項の通り、おやつの食べすぎは食事に影響します。
まずは、食事の時間にきちんとお腹を空かせ食べさせることが大切。
食事中動き回って静かに食べられない子には、おやつは食後のご褒美としてあげるようにしましょう。

まとめ

子供の食事中のマナーが悪いのは殆どが親の責任と言えるでしょう。
「食事中は歩き回らない」というのは基本のマナー。
離乳食開始と同時に、きちんとしつけることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします