トイレをプチDIYしてトイレトレーニング!

AN028_L

トイレトレーニングは比較的にスムーズにできたけれど、一人でトイレに行くのを異様に怖がるというお子さんはけっこういるものです。
わが家の子どもも、トイレトレーニングが終わった後に一人でトイレに行くのはかなり長い間怖がっていました。
なぜ怖いのか聞いてもよくわからないらしく、狭い個室で圧迫感が嫌なのかもと毎回「おトイレ~」というたびに付き合っていました。

ですが、忙しい時やほかに用事があるときにトイレに毎回付き合っているのはとても大変。そこで思いついた方法ががあるのでご紹介したいと思います。

1.電球を取り換える
トイレは明るいですか?目が痛いくらい明るい照明につけかえて、個室内を明るく照らすようにしてみてください。照明が変わるだけで雰囲気もだいぶ変わりますよ!

2.トイレ内をプチDIY
トイレの壁にDIYで簡易な本棚を取り付けて、子どもがお気に入りの絵本をずらっと並べてみることもおススメです。もちろん子供が読んでもいいし、読み慣れている本の表紙が並んでいることで安心感も得られるので一石二鳥です。

3.子供と一緒にトイレ内をデコレーションする
便器や手洗い場をデコレーションしてみましょう!100円均一などで売っている窓に貼るシールなどで十分です!このときに子供にも手伝ってもらって一緒にやるのがポイントですよ
好きなところに自由にペタペタ張ることで、「ここは自分のスペースなんだ」という親近感がわくようです。

4.音楽をかける
音楽をかけられるようにしてみましょう!トイレに入るときに入口近くに音楽プレーヤーを置いて、好きな音楽を聴きながらトイレができるようにすると、更に楽しい空間のできあがりです。

このような工夫をした結果、トイレに行くのが楽しくなったようで、自分でトイレをしたくなった時に自分から「トイレ行ってくるね」といってできるようになりました。しかも、用事がないときまでトイレに入るようになってしまうほどでした。

子どもにとってはトイレが入りやすい空間になるということが重要です。そのためには子どもの好きなものやお気に入りのものなどをトイレに持って行って、落ち着いてリラックスできる空間を子どもと一緒に作ることがおススメです。

トイレを怖がるのはある意味通過儀礼といっても過言ではありません。
そのときにしかりつけて一人でできるように突き放すのではなく、一緒になにが問題なのかを考え、それを改善するためにどうすればいいか話して、楽しく一緒に工作することがいいですね。

是非お試しくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします