子供がスマホで遊びたがる!我が家が考える方法とは

スマホを使う子供
子供の事件や事故が増えて、親が思うことは「子供にスマホ・携帯電話を持たせるべきかどうか」ではないでしょうか。
スマホを持っていることによる犯罪もあれば、持っていないと子供がどこにいるのかわからない不安もあります。
我が家が考えている方法をご紹介します。

1.スマホはロックをかけて
スマホ
2歳を過ぎて、子供も親が持っているスマホで遊びたがるようになりました。
親がスマホでメールをしていたり電話をしている様子を見ていて「楽しそう」と感じるからでしょうか。
テーブルの上に置いておいても勝手に取るようになりました。
でも、私はスマホにはロックをかけています。
その番号は子供には教えていません。
そのため、スマホ画面をタップしてもパスワードの番号を入力しないと楽しむことはできません。
この方法は効果的で、いったんは手に取るものの、遊べないとわかるとテーブルの上に返すようになりました。

2.親の許可ありならOK!
スマホを触る親子
スマホにロックをかけてはいますが、スマホ育児は絶対にダメかというとそうではありません。
スマホアプリで「うじゃうじゃぶーぶー」をダウンロードして、動く車をタップさせてゲームのように楽しんだり、YouTubeではエグスプロージョン「本能寺の変」を見て子供にダンスさせたりしています。
スマホ育児もOKですが、時間を決めて遊ばせたいと思うのが親の心理です。
スマホに縛られて勉強しなくなったり、ゲームばっかりになってしまうと考えもの。
そのため、親が許す時間だけで遊ぶようにしています。

3.持たせるならキッズケータイ
スマホを持つ子供
まだ子供用の携帯電話は持たせていませんが、もし持たせるならジュニア・キッズ向けケータイにしようと思っています。
親がauなので、auのメーカーで探したところ、mamorino3が候補になりました。
これなら月々2000円弱で持つことができます。
GPS機能がある携帯電話で、持っていることで位置情報を確認することができます。
mamorino3は、インターネットを使うことができないジュニア・キッズ向けケータイです。
インターネットが使えないので、自分で遊ぶことはない気がします。
塾に通うようになったり、小学校に行くようになって1人で登下校をしなくてはいけない時に、お守り代わりに持ってもらえたらいいかなと感じています。
各家庭で携帯電話の持たせ方はあるはずです。

小学校からは早いと思う人もいるかもしれません。
我が家もどうなるかわからないですが、今のところは、こういった予定で進めています。


関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします