生後0・1・2・3カ月の赤ちゃんの睡眠時間は?昼夜逆転はいつから?

赤ちゃん
待望の赤ちゃんの誕生。
嬉しい気持ちはもちろんだけど、やっぱり赤ちゃんのお世話は大変。
初めての育児にてんてこ舞いのお母さんも多いのではないでしょうか?

そして赤ちゃんのお世話の中でも、特にお母さんを悩ませる問題は、睡眠不足。
昼夜泣き続ける赤ちゃんに参り、育児ノイローゼになりそうなママも少なくはありません。

しかし、今が頑張り時。
生後 3ヶ月、4ヶ月と赤ちゃんが成長するに連れ、赤ちゃんの睡眠時間は増え、ママも少しは楽になります。

今回は、一番大変だといわれている新生児期、生後1・2・3ヶ月頃の赤ちゃんの睡眠について考えてみたいと思います。

生後0ヶ月 生まれたての赤ちゃんの睡眠

赤ちゃんの睡眠
生後0ヶ月=新生児期の赤ちゃんは、「ミルクを飲む・寝る・起きる・うんちやおしっこをする・泣く」この5つの動作で一日を完結しています。
睡眠時間やミルクの量には個体差がありますが、2・3時間おきに目を覚まし、その都度授乳するというリズムが一般的です。
まだ昼夜の区別が付いていないため、夜間でも2・3時間に起き、授乳します。

しかし、何故赤ちゃんは2・3時間ごとに起きてしまうのでしょうか?
それは、赤ちゃんの睡眠のほとんどが“レム睡眠”であることが原因です。

そもそも人間には、レム睡眠と呼ばれる“身体の睡眠”とノンレム睡眠と呼ばれる“脳の睡眠”の2種類があると言われています。
レム睡眠の場合、身体は眠っているけれど脳は寝ていない状況になるため、睡眠は浅く、少しの物音でも起きてしまうこととなります。
そして、ノンレム睡眠は、深い眠りであるため、成長ホルモンを分泌しやすく、人間の成長には大切な睡眠とされています。
そして、赤ちゃんはまだ未成熟であり、このレム睡眠の割合が高いため2・3時間ごとに目が覚めてしまうのです。

昼夜逆転とは?

はてなマーク
また中には、昼夜が逆転し、夜中でも元気に起きている赤ちゃんもいます。
日中も忙しく働いているお母さんにとって、夜中に赤ちゃんが起きてしまうという状況は一番辛いことでしょう。

しかし、赤ちゃんは何故、昼夜逆転してしまうのでしょうか?
それは赤ちゃんの体内時計が25 時間サイクルで廻っていることが原因です。

人間とはそもそも時計の無い世界に住んだ場合、1 日は25 時間であると言われています。
ところが、地球では1日を 24 時間と定められており、それを基準に1日・1ヶ月・1年と言う月日が計算されています。
そして、赤ちゃんにとっては、そんなことは全く関係なく、生まれたままの自然な形で、地球の時間を過ごしているため、 1 日ごとに1時間づつ時間がずれ、昼夜が逆転してしまうのです。

しかし、これも2・3ヶ月と赤ちゃんが成長するにつれ、落ち着いてくる症状です。
赤ちゃんはお母さんと一緒に生活することで、朝明るくなったら起き、夜暗くなったら寝ると言う生活に慣れていきます。
そして次第に、朝と夜の区別が出来るようになるのです。

寝ぐずりについて

寝ぐずり
また中にはなかなか寝ずにぐずり続ける赤ちゃんもいます。
なるべく朝は早くに窓のカーテンを開ける。
夜はカーテンを閉め暗くするなど、1日のサイクルを整えてあげると良いでしょう。
夕方の散歩も効果的です。

月齢別の赤ちゃんの睡眠について

説明
それでは、次に生まれて間もない赤ちゃんの具体的な睡眠時間について詳しく見て行きたいと思います。

0ヶ月

生まれて間もない頃の赤ちゃんは平均して 14 ~ 20 時間寝るといわれています。
個体差はありますが、1回に付き2・3時間の睡眠を繰り返し、 1 日に 10 回ほど授乳をするサイクルになります。
中には一日中寝てばかりという赤ちゃんもいるでしょう。
また反対に、起きている間はぐずぐずと泣いている赤ちゃんもいます。

1~2ヶ月

生後1ヶ月を過ぎる頃になると、赤ちゃんの1回の睡眠時間は徐々に伸び、3・4時間と連続して寝てくれるようになります。
その分授乳回数も減り、オムツの交換回数も減ると言えるでしょう。
夜の授乳は2・3回。また、中には夜泣きが激しかったり、夕方頃になると愚図りだすという赤ちゃんもいるため、お母さんにとってはまだまだ辛い時期と言えるでしょう。
なるべく昼間は赤ちゃんと一緒に眠るようにし、お母さん自身も睡眠を補うようにしましょう。

3ヶ月

3ヶ月を過ぎる頃になると、さらに赤ちゃんの1回の睡眠時間は長くなります。
また1回で授乳できる量も増えてくるため、1回の睡眠時間が深くなる子もいるでしょう。
しかしまだまだ睡眠リズムは安定しません。
また、昼夜が逆転してしまい、昼間はよく眠るけれど、夜は起きているというお子さんも珍しくはありません。

まとめ

子供の誕生は嬉しく、また生まれたばかりの赤ちゃんのお世話をすることはとても幸せなことです。
その反面、なれない子育てに四苦八苦し大変な思いもするでしょう。
特に始めての子育てであれば、それはなおのこと。
赤ちゃんが寝る・寝ない、それだけとってもお母さんにとっては大きな悩みなのです。

しかし、赤ちゃんの成長は本当にあっという間です。
生まれたばかりの頃の赤ちゃんに会いたいと思っても、もう二度と会うことは出来ません。
睡眠不足で辛いこと、また夜泣きで苦労することもあるかと思いますが、せっかくの子育てです!
是非赤ちゃんとの生活を楽しんで欲しいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします