赤ちゃんの寝返り。いつから?どうやって?なかなかできない場合の対処法。

寝ている赤ちゃん
生まれたばかりの赤ちゃんは、一日の大半を寝てすごしています。
しかし、月齢が進むに連れ、起きている時間が長くなり、手足をバタつかせたり、目が合えば笑うようにもなります。
赤ちゃんの“寝返り”もそんな嬉しい成長の証の1つ。
コロンと寝転がる赤ちゃんの一挙一動は本当に可愛らしく、見ているだけで幸せな気分になることでしょう。
しかしその反面、「うちの子なかなか寝返りをうたないけど大丈夫?」などと心配しているお母さんもいるのではないでしょうか?

今回はそんな“赤ちゃんの寝返り”に着目し、解説して行きたいと思います。

寝返りとは?

寝ている赤ちゃん
寝返りとは、赤ちゃんが仰向けの状態から、うつ伏せの状態へとなる動作のことをさします。
まず腰をひねり、足を交差させ、足、腰、腕、上半身の順番で身体を一回転させることが“寝返り”であり、その状態から、徐々に“ズリバイ”、“ハイハイ”へと成長します。

赤ちゃんが寝返りを始める時期は?

寝転がる赤ちゃん
赤ちゃんが寝返りを始める時期は、生後5ヶ月頃と言われています。
しかし、早い子では3~4ヶ月、遅い子では9ヶ月と言う子もいます。
個体差が大きいため、一概に○○ヶ月からと言うことはありません。
首が据わり、身体を左右にゆすったり、横を向いたり出来るようになった後から徐々に寝返りの準備が整っていくといわれています。

寝返りが遅い赤ちゃんの対処法

寝転がる赤ちゃん
赤ちゃんの寝返りが遅いといっても特に気に病むことはありません。
赤ちゃんには赤ちゃんの成長のスピードがあり、赤ちゃん自身が“寝返りをしたい”と思ったときが、寝返りのタイミングなのです。
しかし、なかなか寝返りが出来ず心配なときは、ほんの少しだけ手を貸してあげると良いでしょう。
赤ちゃんの寝返りと言うのは、大人の寝返りとは全く異なります。
前述の通り、足を交差し、足、腰、腕、上半身の順番で身体を一回転させることが寝返りです。
そのため、赤ちゃんが頭と身体を右もしくは左に反らし、くねらせるようなしぐさを見せたときに、赤ちゃんが行きたい方へ向って軽く腰を押しサポートしてあげると良いでしょう。
しかしこれは、必ず“赤ちゃんが寝返りをしたい”=“身体を反らし、くねらせるようなしぐさをしているとき”に行ってください。
また、赤ちゃんが行きたくない方向へ身体を押してしまうと、赤ちゃんの首を痛める可能性がありますので、注意することが大切です。

上野動物園チケット

赤ちゃんが寝返りをし始めたら注意をすること

注意
一旦寝返りが出来た赤ちゃんは、嬉しくて嬉しくて1日何度も寝返りをします。
しかし、寝返りが出来たからといっても、元の仰向けには戻れないのが赤ちゃんです。
ずっとうつ伏せのままでいると苦しくて泣いたりすることもあるでしょう。
また、軟らかい布団の上でうつ伏せになってしまうと、顔が埋もれて窒息することもあるので、大変危険です。
赤ちゃんが寝返りを打ち始めたら、床はなるべく固い布団にするなど、気をつけるようにしましょう。
そして、寝返りを打つ際に、周囲に危険なものがないかどうか、予め確認することが必要です。
そして最近多いのが、お昼寝の際に大人用のベッドに眠らせていて、寝返りと共に赤ちゃんが落下してしまうと言う事故です。
赤ちゃんが寝返りを始めたら、高い場所でのお昼寝は厳禁。
必ず、ベッドに柵をつける、下にクッションを置くなどの対策をとるようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんが寝返りを始めたら、それはある意味新生児の終了なのかもしれません。
一度寝返りを覚えた赤ちゃんは、ここから急激な成長をはじめます。
ズリバイし、ハイハイし、徐々に行動範囲を広げ、つかまり立ちをし、人間としての最初の1歩を踏み出すようになるのです。
「なかなか寝返りしない」と心配になるお母さんもいらっしゃいますが、今しか見られない赤ちゃんの仰向けの姿、ゆっくり可愛がり、楽しんであげて欲しいと思います。

上野動物園チケット

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします