赤ちゃんのいびき。鼻づまり?苦しくないの?原因と対策、注意点について

寝ている赤ちゃん
スヤスヤと眠る赤ちゃんがいびきをかいていませんか?
たかがいびきと思わず、ちょっと注意して様子を見てみましょう。
中には深刻な症状につながる場合もあります。

鼻づまりなどでうまく呼吸ができない

あくびをする赤ちゃん
赤ちゃんの鼻の穴は小さく、分泌物も多くつまりやすいものです。
また、ハウスダストや風邪が原因で鼻水が出て、それが鼻の穴に残っていたりします。
こうなると空気の通り道が狭くなり、鼻から音がしたり、鼻で呼吸ができずに口を開けたままで喉から音がしたりします。
口呼吸を続けると喉の粘膜が乾燥して、異物が侵入しやすくなり、細菌にも感染しやすくなって病気の原因になります。
赤ちゃんが鼻づまりを起こしていびきをかいていたら、こまめに鼻の掃除をしてつまりを取り除くようにしましょう。

喉の状態によっては気道が狭くなる

寝ている赤ちゃん
赤ちゃんの喉は大人の喉より元々狭く、舌の位置との関係からも口呼吸自体もしにくいのです。
また、体形的に太りすぎていて喉の気道が極端に狭くなっている赤ちゃんもいます。
このような場合は狭いのどを通る空気の音が鳴ることでいびきをかいてしまうこともあります。
赤ちゃんの呼吸の様子に注意して、横向きにして寝かせてみるなど、気道が確保できるようにしましょう。

睡眠時無呼吸症候群とは?

寝ている赤ちゃん

睡眠時無呼吸症候群とは

いびきをかきながらもちゃんと眠っているような赤ちゃんをしばらく観察していると、時々呼吸が止まっていることがあります。
これは、大人にもにられる症状ですが、扁桃腺やアデノイドといわれる咽頭扁桃が肥大していて、睡眠時に筋力も弱まることから気道部分に落ち込んで気管を塞いでしまうことから起きます。
また、扁桃腺炎からの高熱を繰り返したり、睡眠時無呼吸の影響で睡眠がうまく取れず、夜泣きの原因になることもあります。

対処法

先天的なものではありますが、成長と共に改善されていくケースも多いものです。
ですがあまり長い時間無呼吸が続くと身体に影響するので、頻繁に、長い時間無呼吸が続くようなら、医師の診断をあおぎましょう。
手術などで扁桃腺やアデノイドの肥大を改善させると症状が治まります。

このように、赤ちゃんのいびきを意識して見ていると、その原因が分かります。
それらにはさほど気にする必要のないものから、要注意のものもあるのです。
普段のお世話の時から赤ちゃんの様子を観察し、症状に合わせたケアをしてあげるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード:,