成長ホルモンで健康に育つ。2歳児の理想的な睡眠時間。

寝ている赤ちゃん
子供が2歳になると徐々に自我が芽生え始め、「もう寝なさい」といってもいつまでも愚図って寝ないこともあるでしょう。
また親の仕事が終わる時間が遅く、仕方なく就寝時間が遅くなってしまうご家庭もあることでしょう。
またその反面「そろそろ体力が付いてきたから」といって、親の幼児に付き合わせ、夜間の外出に子供を連れて行くこともあるでしょう。
最近、子供の睡眠不足は社会問題ともなっており、その影響は“子供のイライラ”また“学力の低下”にも繋がるとも言われています。
子供の睡眠は、子供を健康に育てるためには不可欠であり、将来を左右する重要なファクターだといえるでしょう。
そこで今回は“2歳児”に特化した「適切な睡眠時間」について解説したいと思います。

2歳児の理想的な睡眠時間

時計
一般的に 2 歳児には1日 12 ~ 14 時間の睡眠が必要とされています。
そのため、夜は 20 時には布団に入り、朝7時には起き、日中1~2時間程度のお昼寝をするのが理想的だといえるでしょう。
夜暗くなったら眠り、朝明るくなったらおきるという生活習慣を身に着けるためにも、2歳の頃は遅くとも 21 時までに就寝するようにすると良いでしょう。

睡眠の質について

寝ている親子
子供を成長させる「成長ホルモン」は、一日のうちで午後 22 時~午前2時の間に最も多く分泌されるといわれています。
そのためこの時間帯は「睡眠のゴールドタイム」と言われています。
成長ホルモンは眠りについてから 2 時間後から分泌し始めるとされており、 20 時に入眠すれば、一番成長ホルモンの恩恵を受けること出来るといえます。
“成長ホルモンを受ける“=“良質な睡眠を得る“ことを鑑みても、 20 時には眠っていることが、子供にとって一番有効であることが分かります。

2 歳児のお昼寝

お昼寝をする赤ちゃん
前述したとおり、 2 歳児にはまだまだお昼寝が必要と言うことが分かります。
午後に 1 ~ 2 時間、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。
また、午後といっても夕方に近い時間帯にお昼寝をしてしまうと、夜の睡眠の妨げとなることがあります。
お昼ごはんを食べたら布団に入る。
と言う習慣を身につけさせることが大切です。
また子供がお昼寝をなかなかしない、ということであれば、それは「疲れていない」ことが原因とも言えるでしょう。
日中はなるべく屋外に出て体を動かせるようにすると良いでしょう。

子供をきちんと寝かせるには

寝転がる赤ちゃん
それでは、子供を 20 時に寝かせるためにはどうすればよいのでしょうか?
しかし中には、お母さんの仕事の帰りが遅く、 20 時はまだご飯を食べているというご家庭もあることでしょう。
ここで大切なのは、 20 時を守ることではなく、 20 時に近づけること。
夜はダラダラと過ごすのではなく、決められた時間にきちんと布団に入ることなのです。

寝る前の習慣を作る

絵本を読む赤ちゃん
寝る間には絵本を読む。 15 分だけブロックで遊ぶ。など、寝る前の習慣をつけると良いでしょう。
特に保育園に通っている子供の場合、家に帰ってきて「やっとお母さんと遊べる」と思っている子供は多いもの。
寝る前の 15 分だけ、しっかりと子供に向き合い、遊びに付き合ってあげると良いでしょう。
子供も満足し、早く布団に入ってくれることでしょう。
夜はテレビをみない、スマホを使わない
テレビがついていると、無駄に時間を使ってしまうだけでなく、子供の顔をしっかりと見ず、惰性で話を聞く危険性も招きます。
夜寝る前はしっかりと子供に向き合ってあげるためにも、テレビは消し、またスマホはなるべく手元から離れた場所においておくようにしましょう
子供への愛情をきちんと示す
2歳というのは、まだまだお母さんに甘えていたい歳です。
そのため、寝る前にはきちんと抱きしめ「大好きだよ」と声を掛けてあげるようにしましょう。
子供は親の愛情を感じることで、精神を安定することができるでしょう。
そして精神が安定していれば、すんなり眠りに付くことも出来るのです。

まとめ

以上のように「2歳児の睡眠」についてまとめさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?
お母さんがお仕事をしている場合、 20 時の睡眠と言うのはなかなか難しいことではありますが、夜の時間をなるべく効率的に使い、少しでも早く子供を眠らせてあげるようにしましょう。また子供の安定した睡眠には、精神的なものも大きく影響します。
寝る前はきちんと抱きしめ、愛情を伝えてあげることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします