「おねしょ」と「夜尿症」は違う?原因や対応は?

眠る赤ちゃん

赤ちゃんの頃に数時間おきにおむつを交換していた子供たちですが、成長に従って排尿間隔が長くなってくるものです。

トイレトレーニングを進めていくうちに気になるのが「おねしょ」です。

「夜尿症」と言われることもありますが、「おねしょ」とはどう違うのでしょうか?

おねしょと夜尿症の違い

おむつ外れが進んだ子どもは、まだ体と膀胱が小さいためにたくさんの尿を溜めておくことができません。

特に夜間の睡眠時間が長い幼児はその間に排尿してしまうこともあり、それを「おねしょ」と言います。

これは自然と解消されますから、神経質にならずに対処しながら子どもの成長を待ちましょう。

これに対して「夜尿症」は、就学年齢に達している子どもが繰り返し夜間にお漏らししてしまうことです。

主に5歳を過ぎている子どもが1か月に1回以上、3か月以上夜間お漏らしをすると「夜尿症」が疑われます。

夜尿症は治療できる?

幼児の「おねしょ」の場合は個人差があってもそのうちに自然と解消していきますが、「夜尿症」は放置しておくとなかなか治癒せず精神的にも影響が出るので、治療が必要です。

「夜尿症」の専門医はまだ少ないのが現状ですが、一般の小児科などで相談して治癒に向けた取り組みが望まれます。

「夜尿症」の治療には投薬療法(抗利尿ホルモン 薬抗コリン薬 三環系抗うつ薬)とアラーム療法がとられます。

それらの治療方法が当てはまらない特別な病気がある方は、「夜尿症」の患者さんの1%以下なのだそうです。

また、「夜尿症」の原因について、トイレトレーニングのやり方が悪かったのでは?愛情が足りていないのでは?と自分を責める保護者の方もいらっしゃるそうです、夜尿症の子供の治療を行う医療機関によると、それは関係ないとのことです。

おねしょと夜尿症、家庭で気を付けることは?

1.規則正しい生活をする

夜更かしを避け、決まった時間(理想は就寝の3時間前)に食事をとりましょう。

2.水分の取り方に注意を

夕食から就寝の間の水分はコップ1杯程度に。塩分を取りすぎると水分が必要になるだけでなく、おねしょの原因になることもあるそうです。

3.寝る前にトイレに行く

寝る前にトイレに行くことを習慣づけてあげてください

4.体を冷やさないように

冷えと尿の量には関係があるそうです。寒い季節には防寒対策をしっかりしてあげたいですね。

「夜尿症」は治療が必要ですが特殊な疾患ではないことを理解して、子どもを起こさない、叱らない、焦らない、人と比べない、夜尿が無かったら褒める、などを意識して取り組むことが大切です。

参考サイト

▼こちらの記事もおすすめ
焦りは禁物!!トイレトレーニングには個人差があります!|子ある日和
事前準備で楽々お掃除。トイレトレーニング中のお漏らし対策!|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします