どうする?冬の 「トイレトレーニング」。 秋冬の3大ポイントとは

トイレトレーニング

トイレトレーニングといえば、夏にするものだと思われがちですが、様々な事情から夏にすることができなかった方や、一旦トレーニングをお休みしていたけれど、再開したいと考えている方に、冬のトイレトレーニングのポイントをご紹介します。

1. 脱がせやすい服で乗り切る

女の子

寒い季節は、知覚神経が過敏になるので、おしっこの間隔が夏に比べて短くなるので、夏よりもトイレに誘いやすいという利点があります。

しかし、脱がせるのに時間がかかってしまったりして、お漏らししてしまう、ということもあります。

そこで、家の中では暖房を上手に使い、子どもは薄着で過ごさせるようにしましょう。

ズボン…ウエストがゴムのものを。(オーバーオールやボタン付きのものを避けます)

・女の子ならスカートを。(脱がせるのも簡単!)

また、失敗すると、洗濯は増えるのに乾きにくいのでストレスになってしまいます。

この際、家の中でトレーニングする為の服だと割り切って、親戚やお友達からお古を譲ってもらい、洗濯のストレスを溜めないようにしましょう。

2. オマルは暖かい部屋へ

暖かいリビング

トイレは皆が過ごすリビングとは違い、寒くて暗いことが多いのではないでしょうか。

トイレトレーニング中の子どもには、寒くて暗い場所へ行くことだけでも、かなりのハードルになってしまいます。

部屋でオマルを使える場合

・可能であれば、オマルを温かい部屋で座れるようにしておきましょう。

トイレで行う場合

・小型の電気ストーブなどを使い、トイレの寒さを解消するようにしてみて下さい。

・補助便座がナイロンやプラスチック製だと冷たいので、繰り返し貼って使える便座カバーを使うと座ることに抵抗がなくなるはずです。

3. 掃除はしやすく

おむつ(パンツタイプ)
冬になるとホットカーペットを使用したり、こたつを使用したりするご家庭も多いと思います。

しかし、これらは、もしもお漏らしをしてしまった時、掃除をするのが大変で、ママのイライラも相当なものになってしまいます。

ですから、こたつは我慢して、ホットカーペットの代わりにレジャーシートを使用するなど、汚れても困らない対策がおススメです。

4. おまけ トイレカレンダーにシールを貼って楽しく

子ある日和オリジナルトイレカレンダー

子供たちの大好きなシールを貼って「きょうは挑戦した」「今日は成功した」と褒めてあげてくださいね。

子ある日和オリジナルトイレカレンダーも是非お役立てください。

トイレトレーニングは季節を問わず、親子で乗り切る大きな課題です。

でも、主役は子どもで、大人は脇役であることを忘れないで下さい。失敗してしまうと、大人は叱りたくなることもあれば、ため息をつきたくなることもあると思いますが、グッとこらえて下さい。

子どものヤル気になるエンジンは、褒められることでしか、掛からないようになっています。

「惜しかったね」「おしっこって言えたのにね。次はトイレまで行こうね」と笑顔で励ましてあげて下さい。

▼こちらの記事もおすすめ
事前準備で楽々お掃除。トイレトレーニング中のお漏らし対策!|子ある日和
1歳を過ぎたらトイレトレーニング!秘訣は決して怒らない事!|子ある日和
焦りは禁物!!トイレトレーニングには個人差があります!|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします