トイレトレーニングが楽しくなる絵本4選

トイレトレーニングの絵本

寒い季節は、子どもが風邪をひくと可哀想だし、とトイレトレーニングも停滞気味になってしまいますよね。

でも、そんなトレーニング自体はお休みしがちな今でも、トイレやおしっこ・うんちに子どもがしっかりと興味を持っておくことは大切ですよね!

今回は、年末年始の帰省中に絵本としておじいちゃん・おばあちゃんに読んでもらうのも嬉しい、トイレトレーニングが楽しくなる絵本を年齢別に4つ紹介します!参考にしてください。

といれ - 0~1歳

トイレでうんちできるかな? だれでもが一度は通る関門をあかるく描きます。読みつつ声の掛け合いでトイレトレーニングが楽しくすすむ絵本。 (上ページより引用)

多くの保育園にも置いてある、赤ちゃんが大好きな「あけて・あけてえほん」シリーズの一冊。「トイレってなに?」「トイレはどんなところ?」トイレで待っている仲間たちを楽しく愉快に紹介しながら、お子さんのトイレへの関心を高めていける絵本です。

新井 洋行 (著)
偕成社 (2010/10/5)

トイレですっきり - 1~2歳

あれ?あれ?くうぴい、そわそわしてきたよ・・・
トイレくんのところへいこう!

トイレくんもおかあさんも、
みんなでくうぴいを応援します。

がんばれぇ~くうぴい!

ミキハウスの1歳からの絵本、「こぐまのくうぴぃ」シリーズの一冊です。かわいいくうぴぃが、トイレでおしっこ・うんちをがんばります。ママもトイレもみんなが子ども(くぅぴぃ)を応援してくれている、そんな期待と安心感も得られる絵本です。
ミキハウスの絵本ということで、お友だちへの出産祝いやプレゼントにも喜ばれそうな一冊ですね!

なかや みわ (著)
ミキハウス (2005/03)

ひとりでうんちできるかな - 1~2歳

いろいろなどうぶつが、うーん、うーんとおトイレに座ります。リズミカルで読みやすく、おトイレの形になったページに子供たちもイメージがしやすい絵本となってます。

きむら ゆういち (著)
偕成社 (1989/11/1)

※↑このシリーズは通常版と、厚紙のポケットサイズ版があります。

ノンタン おしっこしーしー - 2歳~

しーしーしー、なんの音? 赤ちゃんぶたさんはおむつでしーしー。くまさん、うさぎさんはトイレでしーしー。あれ、ノンタンは?

こちらの本は、本格的にトイレトレーニングをはじめたい2歳頃~読んであげるのにぴったりの絵本だと思います。上2作より、文量も増え、ストーリー性もある絵本です。
子どもたちの大好きなノンタンの絵本シリーズ。ノンタンやお友だちたちがおまるやトイレでおしっこをがんばります!「しーしーしー、なんの音?」子どもと一緒に読みやすい、テンポが良く親しみやすい絵本です。

大友 幸子 (著), キヨノ サチコ (著)
偕成社 (1987/8/27)

どれも、小さな子どもにぴったりの、トイレが楽しくなる絵本です。ぜひお子さんのトイレトレーニングを応援する一冊を選んであげてくださいね。

原稿協力:piyomama
保育士をはじめ、乳児~小学生の先生経験を活かして執筆活動中。1児(男の子)のママ。

piyomamaさんのブログ ― 『ゆる育児のご提案』元保育士ママライターのブログ

仕様・価格などは原稿作成時のものです。

 
関連記事
泣く子も笑う絵本!保育士さん・先輩ママが絶賛の0才さんからのオススメ
親子で楽しむ♡「こぐまちゃんシリーズ」で遊ぶ・学ぶ方法

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします