冬は母乳が出にくくなる?ちょっと気を付けたいこと

寒くなってきました。ついついお家に閉じこもりがちですが、児童館や親子カフェなど、温かくて気分転換できるところにでかけてみてくださいね。さて、今日は「冬は母乳が出にくくなる」ことについてお伝えします。

母乳は水分

33f0988fcd3324aa84d49beea0cd52d4_s

母乳の出については、あの食べ物がいい、この食べ物がいいといろいろありますが、一番肝心なのは、水分です。母乳はそもそも血液でできています。水分をとって血液の循環をよくしましょう。
夏は暑いので、何かと水分を多くとりますが、冬は水分のとる量が減ってしまいがちです。それにもかかわらず知らない間に汗や尿などで水分は減っているので、母乳育児ママは、冬も水分不足には気を付けた方がいいのです。

体を温めて

母乳をよく出すには、水分の他に体を温める必要があります。温かいスープが最適です。
野菜を小さくきってコンソメで煮込むだけでOK。まとめてつくって2日ほど冷蔵保存してもいいでしょう。小腹が減った時に温めるだけなので忙しいママにもぴったりです。
ちょっと喉をうるおしたり、気分転換したいときは、ローズヒップティーもいいでしょう。

寒い冬ですが、母乳育児のお母さんは水分補給に気を付けてくださいね。
fb%e5%ba%83%e5%91%8a

母子栄養協会では、離乳食アドバイザー、幼児食アドバイザー、学童食アドバイザー、妊産婦食アドバイザーと母子栄養指導士の養成を行っています。
離乳食アドバイザー講座 1月23日(月)、26日(木)9:30~12:00の2日間講座開催決定。
今回だけのスペシャルなのでお見逃しなく! 妊産婦食アドバイザー講座などセットで申し込めばセットでお得です。

詳しくはhttp://boshieiou.org 母子栄養協会まで

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします