いま考えたい! 食べ物での窒息事故

3月15日、消費者庁は「過去5年間(2010-2014年)の食品による子供の窒息死事故」について発表しました。

14歳以下の死亡原因のうち、窒息死事故は623件とされ、そのうち食品が原因だったのは103件だったそうです。

このうち0歳が47%を占めて最多で、1歳が17%となりました。

乳幼児は、まだうまく噛むことができず、喉が未発達のため気管に物が入りやすいため、このような事故がおこりがちです。

ではどのような食べ物が窒息死事故につながりやすいのか、事故を予防するためにも学んでいきましょう。

事故が起きやすい食べ物

窒息事故の原因となった食品は、飴、菓子類(飴を除く。)、果実類、豆・ ナッツ類などとなっています。下記の表のとおり、一番多いのが、マシュマロやゼリーなどが11件、りんごぶどうなどの果実類の他、パンがあるのも気になります。
パンは口腔内の水分を吸うので、飲み込みにくいのですよね。
(当協会の離乳食アドバイザー、幼児食アドバイザーの講座でもこのことについて勉強します。)
お餅の件数が少ないのは、乳幼児には与えないようにしているからかと思います。引き続き注意しなければいけないことにはかわりないでしょう。

食べる時の注意

しかし、子どもが好きなお菓子、果物、パンなど身近な食品が多いので、どうしたらいいのか、悩みますよね。
ちょっとした注意で防げますので、事故を予防するポイントをお伝えします。

<食品による子供の窒息事故を予防するポイント> (引用:消費者庁文献*1)

(1)食品の与え方
① 食品を小さく切り、食べやすい大きさにして与えましょう。
② 一口の量は子供の口に合った無理なく食べられる量にし、飴やタブレットなど 喉に詰まりやすい食品を食べさせる場合は大きさに注意しましょう。
③ 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの硬い豆・ナッツ類は、3歳頃まで は食べさせないようにしましょう。
④ 年長の子供が、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。

(2)食事中に注意すること
① 遊びながら、歩きながら、寝転んだまま食品を食べさせないようにしましょう。
② 急いで飲み込まず、ゆっくりとよく噛み砕いてから飲み込むよう促しましょう。
③ 食事の際は、お茶や水などを飲んで喉を湿らせましょう。
④ 食品を口に入れたまま話したり、何かをしながら食事をしたりさせないように しましょう。
⑤ 食事中に眠くなっていないか、正しく座っているかに注意しましょう。また、 食事中に驚かせないようにしましょう。

「大きいものは小さく切る」「水分をあげる」という注意の他、
食べ方だけではなく、眠い時には特に大きな注意が必要ですし、遊びながら食べたりしないように、改めて食事時間を考えたいですね。

<参考文献>
*1.食品による子供の窒息事故に御注意ください! (消費者庁)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/170315kouhyou_1.pdf

*2.豆・ナッツ類は、喉に詰まりやすいので気を付けて!(消費者庁)
http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/vol/20170202.php
 

川口由美子 先生原稿提供:川口由美子 先生(管理栄養士)
・一般社団法人 母子栄養協会 代表理事 ・女子栄養大学 生涯学習講師
・All About「離乳食」「幼児食」「妊娠中の食事」ガイド
・『フリージング幼児食 1歳半〜5歳 —1週間分作りおき!』などを監修 ・最新の監修本『子どもの身長ぐんぐんメソッド』(主婦の友社)が2017年2月に発売されました。

▼教えてくださった先生の各種専門講座が受けられます!

母子栄養協会

  • 9/24妊産婦食アドバイザー(新大阪)
  • 9/25・10/2 離乳食アドバイザー2days
  • 9/30 幼児食アドバイザー
  • 10/11 離乳食アドバイザー
  • 10/22 離乳食アドバイザー(静岡)
  • 10/29学童食アドバイザー
  • 11/19 幼児食アドバイザー
  • 11/26 離乳食アドバイザー

講座申し込み、メールマガジン登録 (一般社団法人 母子栄養協会公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします