「イヤイヤ期」は親の「イライラ期」。上手に対応して、子供の心を育てよう。

イヤイヤする赤ちゃん
「イヤイヤ期になると大変だよ」
そんな言葉を先輩ママから聞いたことがある新米ママもいらっしゃるのではないでしょうか?
なにもかもが「イヤイヤ」。時には泣き叫び、道路に寝転がってしまう子もいます。
自我が芽生え始める2歳頃になると始まると言われており、子育ての最初の試練とも言えるでしょう。

今回は、そんなまだ見ぬ「 2 魔の歳児」のイヤイヤについて、解説したいと思います。

イヤイヤ期とは?

はてなマーク
前述の通り、自我が芽生え始める2歳頃から始まる「イヤイヤ」の時期を「イヤイヤ期」と総称し、「第一次反抗期」とも言われています。

「おでかけする?」「イヤ」。
「お家にいる?」「イヤ」。
「靴をはく?」「イヤ」。

と、何もかもが「イヤイヤ」で、毎日一緒にいるお母さんにとっては、「イライラ期」とも言えるでしょう。

時には泣き叫び、暴れることもあり、外出先では泣きたくなることも・・・。
しかしこの「イヤイヤ期」は、自我が芽生え、自分の意思を持つようになった性成長の証なのです。

一般的には、3歳から4歳になる頃には落ち着くと言われていますので、お母さんにとっては辛い時期ではありますが、上手に乗り越えていきましょう。

なぜ“イヤイヤ”と言うのか?

なぜイヤイヤと言うのか?
さて、この「イヤイヤ期」ですが、なにが「イヤイヤ」の原因なのでしょうか?

言語能力の乏しさ

自我を持ち、自分の意思があっても、それをそのまま伝える言葉の能力が足りない。
そんな自分へのふがいなさが「イヤイヤ」となって現れることもあります。

親の感心を引きたい。構って欲しい

「イヤイヤ」というと親が反応してくれるのが嬉しいと言う事もあります。

自分のイメージとのギャップ

例えばブロックを積んでいても、自分の想像とは違う、もっと上手に作れるはずなのに、ということもあるでしょう。
やりたいことと出来ることのギャップに子供も苦しんでいるのです。

今、やりたくない

「まだ寝たくない」「まだお腹が空いていない」など、自分で今やりたいこととやりたくないことの区別が付いてきた証拠です。

体調が悪い

親が思っている以上に体調が悪いと言うことも考えられます。
鼻が詰まっている、喉が痛いなど、きちんと伝えられないため「イヤイヤ」となって現れることもあるでしょう。

イヤイヤ期の上手な乗り越え方

ポイント
それでは、イヤイヤ期の子供にはどのように対処すればよいのでしょうか?

共感してあげる

上記のように、子供が「イヤイヤ」を言っているときは、子ども自身が自分のことをふがいないと思い、苦しんでいることもあります。
そのため、「そっか、○○ちゃんは△△がしたかったんだね」などと、子供の気持ちに寄り添い、共感してあげることが大切です。

抱きしめてあげる

時には、「イヤイヤ」を言いすぎて、自分自身でも何がなんだか分からなくなっていることもあるでしょう。
そういう時は、一旦気持ちを落ち着けるために、ギュッと抱きしめてあげると良いでしょう。

「大丈夫」「大好きだよ」などと声を掛けてあげれば、子どもも気持ちを落ち着け、次の行動に移れることもあります。

気持ちを切り替えさせる

子供が「イヤイヤ」を言い始めたら、全く違うことを提案し、気持ちを切り替えさせてあげるのも一つの手です。
ブロックをしている最中に子供が「イヤイヤ」を始めたら、外に連れ出す、おやつをあげるなど、気分転換をさせてあげると良いでしょう。

暫くほうっておく

これは放置しておくと言う意味ではありません。
子ども自身に考えさせるために、しばらく様子を見る、“見守る”と言うことです。

複数の選択肢を与える

「イヤイヤ期」の子供と言うのは、1つの選択肢しか与えないと「イヤイヤ」を言い出す傾向にあります。
例えば洋服を選ぶときは、1枚だけ用意しておくのではなく、 3 枚用意し、「○○ちゃん、今日はどの服着たい?」などと選ばせて挙げると良いでしょう。

まとめ

子供の「イヤイヤ期」は親にとっての「イライラ期」。
しかし上手に対応すれば、子供も親も、大して気持ちを乱されることなく過ごせることもあります。
「イヤイヤ」は子供の成長の証。そして子ども自身も苦しんでいるのだと理解し、大人は気持ちに余裕を持って対応してあげるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: