赤ちゃんのほんの一時期のしぐさ「ハンドリガード」を見逃さずに!「ハンドリガード」って何?

赤ちゃんの手
生後2~3か月ごろの赤ちゃんが、いつもと違って静かだなと思ってみてみると
グーにした手を高らかに上げて、その手をじーっとみていることがあります。
それこそが、成長の過程の一つ「ハンドリガード」と呼ばれるものです。

ハンドリガードとは?

はてなマーク
「ハンド」は「手」、「リガード」は「じっと見る」という意味の言葉です。
その名のとおり赤ちゃんはじっと自分の手を見つめています。
どうしてそんなに自分の手を見ているの?と思うママさんもおられるかもしれませんが
それこそ、赤ちゃんが「手、見つけた!」という大きな成長の瞬間です。

どうしてそんなにじっと見るの?

ハンドリガード
赤ちゃんは生まれたときには自分のことをただの真ん丸な球体だと思っているとも言います。
「真ん丸だと思っている自分の近くに、いつも何か動くものがある、何だろう?」
「あれ、自分が動かしたいと思ったら動くんだ!どうなっているんだろう?」
「これは自分にくっついているんだ!自分で動かせるんだ!」

そうして赤ちゃんは自分の手を発見します。
発見した手は、見れば見るほど、真ん丸の自分とは思えない形で、
自分の思ったように動かせる不思議なものです。
自分の手が自分の意志で動くことが赤ちゃんにとっては、不思議でならないのです。
パパママなど、いつも自分の周りにいる人があやしてくれるのとも違う、初めての面白さです。
ハンドリガードをしている赤ちゃんは、びっくりするくらい静かなので
ママも思わずニコニコしながらその可愛い姿を満喫できますね。

いつまで続くの?

赤ちゃんによって個人差がありますが、多くの場合は、2~3か月ごろから始まり一か月ほどでしなくなるようです。
その一か月の間に、赤ちゃんはグーにして見ていた手を、パーにしてみたり、角度を変えて持ち上げてみたり、
はたまた両手を組み合わせてみたり、舐めてみたりと、見つけた自分の手をいろいろと満喫しています。
そうして自分の手を理解して、使い方をマスターすると、近くにあるおもちゃなどをしっかり持てるようになります。

どの子もするの?

ほとんどの赤ちゃんがハンドリガードをするといわれていますが
個人差があり、もっと月齢が進んでからするようになる子や
あまり長時間しなかったために、周りに気付かれず「ハンドリガードをしない」と思われる子もいるようです。
ハンドリガードをしなかったからといって、発達に問題があるということもなく
手をしっかり動かせて、ものを持ったりができれば問題ないとされています。
ハンドリガードが見られないからとあまり焦らず、ゆったりと見守りましょう。

まとめ

ポイント
インターネットで「ハンドリガード」と検索すると
とてもたくさんの可愛い赤ちゃんの写真が出てきます。
多くのパパママがこの瞬間を写真に収めていることの表れで
ハンドリガードは、それくらい可愛くて貴重だということがわかります。
私たち大人にとっては自分の手があることが当たり前ですが
赤ちゃんがハンドリガードをしているときには
赤ちゃんは生まれて初めての大発見をして夢中になっている瞬間だと思うと
ますます赤ちゃんが愛おしくなりますね。
日々成長していく赤ちゃん、このハンドリガードも気が付くとしなくなっていることがほとんどです。
今しかないこの貴重な瞬間を、ぜひ写真やムービーにも残しておきたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします