飛行機は何才から一人で乗れる?感動「体験談」も☆彡

旅に出る子供

「かわいい子には旅をさせよう」

子どもは成長と共に少しずつ親の手を離れていくものです。

夏休みや連休におじいちゃんおばあちゃんの家に泊まりに行くなどもそうです。

その際に一人で飛行機に乗ってみよう、というチャレンジを考える家庭もあるようですが、ポイントを押さえて準備しましょう。

我が家もいつか挑戦もしてみたい、というおうちも何歳から可能かチェックしておくといいですね。

最後に体験談「帰りの機内でもシクシク、その言い訳が可愛い」もご紹介していますので是非ほっこりしてくださいね。

子どもを一人で飛行機に乗せるには?

飛行機

ワクワク、ドキドキの一人旅ですが、そんな小さな旅行者をサポートしてくれるサービスがあります。

『ANAジュニアパイロット』や『JALキッズおでかけサポート(スマイルサポート)』です。

利用年齢は満6~7歳、希望によって満8~11歳まで利用可能です。
5歳未満の子どもはサポートが利用できず、必ず満12歳以上の同伴者が必要です。
同伴者が同行しないので、最低限の身の回りの事ができる必要があります。

利用の流れ

サポート申込書や同意書が必要になります。

ANA:搭乗便を予約後にオプションで「ジュニアパイロット」の登録をします。
JAL:満6~7歳の利用はサポートデスクへ電話しての申し込みです。

それぞれ必要な申込書や同意書を印刷して搭乗当日に持参します。
当日は自動チェックイン機は利用せず、サポートカウンターにて搭乗手続きをします。

搭乗口までは保護者が付き添いますが、1名までです。
改札以降は保安員によって機内へ案内されて座席に着きます。

機内ではオリジナルグッズのサービスなどがあります。
到着空港では係員が到着ロビーまで同行してくれるので、出迎えの人は集合場所で待機します。

※ANAについては事前に「キッズタクシー」を申し込むことで、訓練を受けたドライバーによる羽田空港の送迎を代行してくれます。

注意点

小さな子どもの一人旅ですから、事前に航空各社のホームページやサポートデスクで気になることは確認しておきましょう。

特に注意が必要なこととして、携帯電話の電源オフがあります。子ども向けの見守り携帯などは、電源を切っていても位置情報の発信のために定期的に電源が入るものもありますので、携帯電話会社に手順を確認しておきましょう。

その他に困った時には空港係員や客室乗務員に手助けを求めるように言い聞かせておきましょう。また、到着空港での出迎えの人にも保護者や空港からの連絡が取れるようにしておくことも大切です。

このように、事前に流れが分かってしまえば難しいことはありません。
まずは家族旅行などで公共の場での行動を経験させ、あとは子どものやる気と勇気を信じてチャレンジしてみましょう。

次は実際に子供ひとりのフライトを毎年行っているという男の子のお話です。

「泣いてるのはママがいないからじゃない!」感動体験談へ続く→

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします