子供が突然、何かを理解するとき…時計編

時計

時計、いつ教えるのか気になるお母さんも多いですね。今回の記事では分針(長い針)が60分を刻むことを理解したときの体験談をご紹介します。

未就学児のお子さんの場合、別ページ「時計は何歳までに?興味を持ったら教え時!保育士さんのアドバイス付き(未就学児)」にて詳しくご紹介しています。

ある時突然、霧が晴れたように理解して…

時計

小学校の入学前に大まかに時計を教えて、本人も理解していると思っていました。

ところが、1学期に学校で「○時丁度」と「30分」を理解したはずでしたが、夏休みになると6時半を7時半と答えて後退する始末。

ある日、学童保育クラブから帰ってくるといきなり「今、4時43分」「ママー、時計分かったよ」と言うのです。

その日はその後も「今、6時32分」「パパ、8時4分」のように得意げに時計の知識を披露していました。

聞いてみると、学童で一人で細かい時計のページに挑戦したようです。そのページは1分刻みの点が打たれた時計がプリントされ、5分毎に分を記入するという内容のページで、学校ではまだやっていない内容でした。

時計

そのページを解くと急に霧が晴れたように時計を理解したそうで、「ぐるっと回ると1時間だね」と言ったり、時計がほしいと言い出したので、使っていない卓上時計をあげたりしました。

最初はおもちゃの時計を与えていましたし、リビングの時計では、3時の横に15分と書いた紙を貼ったりしていたのに、あまり理解してくれていませんでした。しかしこのことがあってよく見ると、それらには1分刻みの点ありませんでした。それも理解と関係があったのかな?と思いました。

教えずに時計をプレゼント

時計

子供に特別に時計の読み方などは一切教えていません。

娘はどうも強制的にいろいろと教えられるのはいやな性格で、自分でなんとか努力して覚えるタイプ。

小学1年生の時に通信教育の付録でついてきた時計が壊れてしまったので修理に行くと、修理ができないといわれたので、すごくシンプルな大人の女性が使うような時計を買い与えました。

読み方がわからないと聞いてきた時に教えてあげていると、1カ月くらい経つと理解でるようになっていました。

娘は現在11歳ですが、今でも何事も変わった覚え方をして、いろんな公式などを覚えるので、苦労する反面面白いです。子供によって覚え方に差があると感じています。

紙に書いて理解

時計

5才のころのことです。時針は数字通りに説明してすぐ理解したのですが、分針はなかなか理解出来なかったので、一緒に絵を描いて教えました。

1)数字1~12の内円に記号を60個書く
2)記号の下に1~60を書く
3)何回か繰り返して、自然に覚える

意外だったのは、倍数の事も分かったことでした!

時計の知育玩具はあるかもしれませんが、何と言ってもおススメは市販の普通の時計です!

いかがでしたか?

周りの努力やそれまでの体験も無駄ではないですが、何かを掴むのは結局のところ本人なんだな~と実感しました。

お子さんの「分かった!」という笑顔、大切にしたいですね。

▼こちらの記事もおすすめ
※時計は何歳までに?興味を持ったら教え時!保育士さんのアドバイス付き(未就学児)
※ストーリーで自然に数字に親しめる絵本★6選

関連ワード:,

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします