園児のかけっこ!年少でボーっとしてた子供が、年中でテープをきるまで

園児のかけっこ

前の年、運動会のかけっこで「スタート」と言われているのに、スタート地点でボーっとしていました

もちろんダントツのビリ(;’∀’)

その反省を生かして年中の時には少し対策をしました。

こんな小さな子供に運動会の練習なんてやりすぎでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、とにかく「自信をつけさせてあげたかった」のです。

さて、どんなことをやったかというと・・・・

スタートを理解させる

園児のかけっこ

小さなお子さんは運動会のかけっこがどんなものかも分かっていないこともあるのではないかと思います。

年少の時は、「スタート」って言われてから「ん?走るの?」っていう雰囲気でボーっとしていたので、「よーい」と言われたら用意して、ドンのタイミングで走り出していいのだと、わりと当たり前のことを教えてあげて、体が反応するように少し練習しました。

自分の一番速いスピードで走ることを理解させる

園児のかけっこ

それからスピード。

遊んでいるときに思いっきり走れている速さで走ってくれるといいのですが、マイベストで走ればいいといことすら分かっていないようでした。

小学生くらいになれば、フォームもチェックした方がいいと思いますが、まだ小さいので、その子の一番早いスピード、例えば鬼ごっこで一番夢中で走っているときとか、その速さで走るんだよと教えてあげただけで、ずいぶん早くなりました。

イメージも大切

他には、これは遊び半分なのですが、テープを(胸で)切ってゴールする、という練習もしました。

クラスのお友達もやっていたので、成功のイメージは大事、ってことで(・‿・*) キラーン。

そして、晴れている時は、できる限り外遊びに連れ出して、鬼ごっこしたり何でも本人が楽しいと思えることを好きなだけやらせました。

また、運動会でやる他の種目(ダンスや玉入れ)を家で遊びながらやって、運動は楽しい、運動会が楽しみと思ってくれるように盛り上げました。

シューズの裏がすり減っていないかチェック

園児のかけっこ

最後に忘れてはいけないのは、子供の靴はすぐすり減ってしまうので、足に馴染む程度の前の日(うちは1週間前に)新しいスニーカーを買ってあげました。

勝ち負けではなく、自分はやれる、できる、と思ってもらえたのが何より嬉しかったです

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします