実際どうですか?お母さんが「楽になる事」「大変になる事」~小学校入学編

子供とお母さん

子供の成長に合わせて、「だんだん、手がかからなくなり(ラクになり)」「逆に、だんだんお金がかかる」とよく聞きますね。

幼児のママ・パパさんにとって、1人で登下校できる小学生という存在は頼もしく✨見えることでしょう(私もそうでした)!

でも実際のところママにとって苦労は増えるんでしょうか?減るんでしょうか?実際はどんなものか聞いてみました。

小学校に入ってラクになったことは何ですか?

朝のお弁当作りがなくなり楽になりました。

一人で学校・習い事に行ってくれる。

1人でお風呂に入ってくれるようになって楽になった。 / 歯磨き、服の着替え、洗顔など自分でできる。

自分の時間が持てるようになりました。

送迎・お弁当がなくなり、子供が自分のことで自分でやるようになるので、総じて自分の時間が持てるようになった。という意見が大半でした。

「送り迎えをしなくてすむようになって、親同士の付き合いが減って楽になりました。」や「行事で親も参加しなければいけないのが多かったのですが小学校は特に無いので楽です。」などのような保護者としての負担も減るようです。

小学校に入って大変になったことは何ですか?

宿題が毎日たくさんでるので、丸付けをしたりわからないところを教えたりで夕方までかかってしまう。

持ち物確認が面倒です。新聞をとっていないのに「明日、新聞紙が要る!」とか(笑)

勉強(宿題)を見ることや、毎日変わる持ち物!が大変、という意見が最も多く見られました。

友達同士のトラブル。

小学校では子供の友達の保護者を知らないのでその点は気になります。

…親の知らない所で子供が行動できるようになるからこそ起きる心配事もあるようですね。

食べる量が格段に増えたこと

1年生のママからの発言でした。沢山食べてくれるのはいいことですが、特に男の子はとにかく沢山食べるようです。

PTAなどの役員仕事。

ひと月に一度のペースで参観日や懇談会、イベントなどで親が学校に出向くことが多い事です。

サッカーを始めたので、車出しなどの当番やお弁当作り

…のように、園ではなかったもので、PTA・クラブ活動での保護者参加もあるようです。

アンケートでは、「慣れるまで大変でした。」と書いていらっしゃる方が多数でした。

お子さんの環境が変わるときは、ママ・パパも少し余裕を持つとよいでしょう。

お子さんの成長はまだまだ続きます😊 親の役割もそれに合わせて変わっていくと心得えて、子育てを楽しんでいきたいですね。

▼こちらの記事もおすすめ
「これだけは身につけたい!!」小学校入学前に教える『防犯対策』|子ある日和
学習机、入学時に用意したのは約4割。買う・買わない、それぞれの意見を聞きました!|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします