どうする!?和式トイレ!いつごろまでに?〇〇動作のサポートで余裕の下地作りを

近年、商業施設も公的施設も駅も、さまざまな施設のトイレがどんどんと洋式化していますよね。もちろんお家のトイレは洋式、というご家庭がほとんどでしょう。

「小さい頃からトイレと言えば洋式が当たり前、むしろ和式トイレを見たことがない」という子どもが増えている現代。一見問題なさそうに感じますが、やがて、この子たちが大きな壁にぶつかってしまうタイミングがやってきます。それが、小学校入学です。

小学校では和式トイレが主流!洋式の前に長蛇の列、の光景も

和式トイレと子供

私立の小学校や、新しいものへの取り組みや導入が進んでいる小学校ではすでにすべての便器が洋式となっている所もあるでしょう。しかし、今でも多くの小学校のトイレは、和式が主流です。

公立小学校でもバリアフリー化が進み、洋式トイレが各フロアに1~数個室程度ある、という場合は多いようです。しかし、この状況でも、和式トイレの使い方を知らなかったりうまく使えない子どもたちはどうなってしまうのでしょうか。

・登校から下校までトイレを我慢してしまう

・衣類や便器周りを汚してしまい精神的ショックを受ける

・和式での排泄に時間がかかりすぎ、休み時間がそれだけで終わってしまったり間に合わないことも

・洋式1個室の前に長蛇の列ができ、時間内に順番が来ず結局行けなかったり、入っている子も落ち着いて排泄できない

実際、このような問題が起きているようです。誰しも幼少時代に排泄での失敗経験はあるものです。しかし、小学生くらいの年齢になると、トイレで恥ずかしい思いをしたことがトラウマや時には不登校の原因にもなってしまう場合も少なくないでしょう。

1年生の最初の授業で和式トイレの使用法を教える時代!?

小学校

また、筆者は教育現場に関わっていた経験があるのですが、こんな話を聞いたことがあります。

小学校に入学をすると、数日は国語や算数ではなく、学校生活に慣れていくためにさまざまなことを教わったりクラスで遊んだり話し合ったりする期間があります。

しかし、最近その最初のクラスで、担任や保健室の先生が、「和式トイレの使い方」を教えるところが増えているようです!和式トイレやトイレットペーパー等のパネルを用い、実際に先生がまたがるところから排泄の仕方、おしりの拭き方までを指導するとか…。

子どもたちは笑って聞いていることが多いようですが、実際は内心ドキドキしていたり(自分にとって和式が未知であったり、自信が無かったり)、一度習ってもいざ休み時間になるとトイレの前でためらってしまうことも多いようです。

結局、小学校生活を長く送っていくうえで(時には失敗もしながら)慣れていくことにはなりますが、できることなら入学前に和式トイレの体験をさせておき、子どもの不安要素を減らしてあげたいですよね。

和式トイレに慣れる下地動作、しゃがむ・立ち上がる、ができるようにサポートしよう!

しゃがむという行為は私たちは何気なくしている行為ですが、和式トイレの経験を始めさまざまなシーンでしゃがむことが特に必要とされない現代の子どもたちは、「しゃがむ・その姿勢をキープ・立ち上がる」という行為自体の感覚を掴めないケースもあるようです。

しゃがむとバランスを崩して後ろに転倒してしまったり、おしりをついてしまう。立ち上がるときに手をついてしまう。こともあるようです。しゃがむという一連の動作もいくつかの行動に分かれていますので、1つ1つ出来ていそうか、普段の遊びや生活の中でサポートしてあげてくださいね。

●しゃがむ

●しゃがんだ姿勢をキープ

●しゃがんだ姿勢から立ち上がる

子どもは、公園で砂遊びをする際や、スーパーで低い棚のお菓子を選ぶ際に平気で地面に座りこみますよね。小さな子どもであれば、周りに迷惑がかからなければある程度許容範囲かとは思いますが、3歳頃~少し大きくなった子どもたちには、できればしゃがんでの虫の観察や商品選び等を促していくと、自然と楽しみながら正しいしゃがみ方、バランスのとり方を身につけていけそうですね。

「地面が濡れているね。座ったらおしりが冷たいよ」「みんなが通る通路だから座り込まないようにしようね」等、しゃがむ姿勢を身につけるとともに、遊び方やマナー面においての学習の機会にもなりますね。

原稿協力:piyomama
保育士をはじめ、乳児~小学生の先生経験を活かして執筆活動中。1児(男の子)のママ。

piyomamaさんのブログ ― 『ゆる育児のご提案』元保育士ママライターのブログ

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします