【生後10ヶ月の赤ちゃん】生活リズム・離乳食の目安・身長・体重は?

つかまり立ちする赤ちゃん
生後10ヶ月の赤ちゃんはつかまり立ちにもなれ、つたい歩きを始める赤ちゃんもいます。
知能も発達し、バイバイや拍手など意思を持った行動をするようになるので赤ちゃんの成長を、実感出来る時期でもあります。
今回は生後10ヶ月の、赤ちゃんの身長や体重などの成長や育児のポイントについて紹介したいと思います。

生後10ヶ月の赤ちゃん 身長と体重は?

メジャー

男の子:身長68.4~77.4cm 体重7.34~10.59kg
女の子の身長は、66.5~75.6cm 体重6.86~10.06kg

※参照※
厚生労働省 乳幼児身体発育調査

ふっくらとした赤ちゃん体型から、しっかりとした幼児体型に変化していきます。
運動量は増えていますが、食事量には大きな変化がないことから体重の増加は緩やかです。

体重が全く増えない子もいますが、機嫌がよく離乳食や授乳など、食事も必要な量をとれていれば問題ありません。

生後10ヶ月の赤ちゃん 離乳食や授乳回数は?

パンを食べる赤ちゃん
生後10ヶ月は離乳食後期になります。
歯ぐきで食べ物をつぶすことに慣れる頃なので、食材は食感がわかるやわらかさに調理するようにしてください。

また、「たんぱく質」「炭水化物」「ビタミン、ミネラル」といった赤ちゃんの成長に必要な栄養素を意識して、バランスよく離乳食のメニューに取り入れていきましょう。
味のバリエーションの為にも調味料を少し使用してみても良いでしょう。

この時期は、アレルギーなどの心配もあるので、卵や牛乳には慎重になってください。
「自分で食べたい」欲求が強くなり、手づかみで食べようとします。
ひと口サイズにカットしたものを手づかみ食べするのを応援してあげましょう。

1日の栄養の70%以上を3度の離乳食でとるようになります。
食後の授乳は次第に減り、授乳回数は1日2~3回、ミルクは1日500ml程度になります。

この時期は、母乳やミルクの量は減らさなくても良いでしょう。
体重が増えていれば、離乳食の量はまだ気にしなくても大丈夫です。

生後10ヶ月の赤ちゃん 睡眠時間は?

眠る赤ちゃん
この時期の睡眠時間は1日13時間程度が理想です。
午前、午後に1~2時間ずつだった昼寝がどちらか1回になり、その分夜はまとめて寝てくれるようになります。

一方で、移動範囲が広がり、日中に感じる刺激も増えることで、夜泣きで何度も起きることもあります。
赤ちゃんが落ち着いて眠れるように、寝るときにたくさん話しかけたり、子守唄を歌ったりして安心させてあげてください。

また、寝かせるときにはテレビを消して、部屋を暗くして良い眠りへと導きましょう。

言葉を話そうとします

ママと赤ちゃん
言葉の意味を理解し始める時期です。
「ママ」「パパ」などの言葉を記憶しています。
「マンマ」「まぁーまぁー」など言葉らしきものを発することもあるので、返事をしたり、相づちをうってコミュニケーションをとりましょう。

コミュニケーションの楽しさを知ることは心の成長につながります。
話しかける時に身振り手振りを加えることで赤ちゃんの発達を促します。

誤飲や怪我に気をつけましょう

気を付けて!
つかまり立ちを始め、身長も伸びるので、高いところに手が届くようになります。
手先が器用になって物をつかめるようになると、色々なものに触ろうとします。
テーブルやイスの上に大事な物や危険な物を置かないようにしましょう。

特に誤飲が多い時期なので、命を危険にさらすタバコやライター、洗剤などは特に手の届くところに置かないようにしましょう。
引き出しや扉の開閉で手や指を挟んで怪我をする事故も増えます。
ストッパーをはさんで、完全にしまらないようにするなど工夫をしてください。

この時期は後追いが始まりお母さんは大変な時期です。
無理に引き離してしまうと赤ちゃんは余計不安になり、後追いするようになるので、おんぶをして家事をするなど工夫して、なるべく赤ちゃんの求めに応じてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: