慣らし保育は、子供だけじゃない!お母さんにとっても試練の時。あるある&対処法をご紹介!

保育園の教室
長い「保活」生活を経て、やっと掴んだ保育園入園の切符。
しかし、4月に入り、“慣らし保育”が始まると、嬉しいことばかりではありません。

やっとの思いで入園が決まった保育園とは言え、子供はやっぱりママと一緒にいたいもの。
保育園に向かう途中から泣き出してしまう子もいることでしょう。
また反対に、ママの方が寂しくなり、会社に行きすがら涙を浮かべた・・・などと言う話もよくある出来事です。

そこで今回は、“慣らし保育”によくある“あるある”をまとめてみましたので、ご参照ください。

子供との涙の別れ

号泣する子ども
慣らし保育で一番多いのが“涙の別れ”です。

「ママー、ママー!!!」と大号泣する子供の顔を見て、思わず泣いてしまうお母さんがいることです。
そして、保育士さんに「お母さんが泣いてどうするんですか!」なんて叱られたという話もよく聞く“あるある”です。

誰よりも一番頑張っているのはお子さんなので、お母さんは“ぐっ”と我慢しましょう。
子供の前では絶対に涙を見せてはいけません。

子供には「ママ、すぐ帰ってくるからね!保育園、楽しいよ!」とお子さんには笑顔で話しかけ、励ましてあげることが大切です!
ここでの対処法は、“おまじない”です。
子供の大好きな絵柄の服を着せてあげたり、好きなキャラクターの絆創膏を張ってあげたりし、「○○ちゃんの大好きな“くまさん”と一緒に待っててね」などと、子供に“自分は一人ではない”と思わせることです。
また、お母さん自身は、「保育園は子供のためになる」と心に強く思い、信じることが重要です。

せっかく出来た自由時間。しかし、そわそわしてしまい何も手に付かない・・・

そわそわする女性
“慣らし保育”と言うのは、最初は1時間から、という保育園が多いものです。
そのため、“慣らし保育”期間は、今まで出来なかった家事をしようと思っているお母さんも多いのではないでしょうか。

しかし、実際に保育園に預けてみると、別れ際の子供の泣き顔ばかり思い出し、気持ちが全く落ち着かないこともあるようです。
そわそわとしている間にあっという間に1時間過ぎてしまい、「もうお迎え?」なんてこともよく聞く“あるある”です。

ここでの対処法は、供を保育園に預ける際、同じ保育園に預けているお母さんに話しかけることです。
そして、これから始まる保育園生活のためにも、お互いの連絡先を交換してみることをおススメします。
同じ気持ちの人同士で会話することで、多少は安心し、気持ちが落ち着くのではないでしょうか?

罪悪感と後悔に包まれ、落ち込んでしまう

落ち込む女性
「ママー!ママー!」とこの世の終わりかと思うほど泣き叫んでいる子供の顔。
お母さんにとって、これほど悲しいものはありません。

そして、繰り返し繰り返しその泣き顔を思い出し、胸を痛めてしまうこともあるでしょう。
「嫌がる子供を保育園に預けてまで、私は本当に働くべきなのか」「せめて3歳まで一緒にいてあげられないのか」などと思い悩み、早くも保育園の入園を決めたことを後悔してはいませんか?
これもよく聞く“あるある”です。

そして、ここからもよくあることなのですが、子供と言うのは本当に柔軟な生き物だと言うことです。
お母さんの心配もよそに、1ヶ月もすれば「早く保育園行こう!」などと言い出すことも“あるある”なのです。

子ここでの対処法は、「保活生活を思い出すこと」です。
お母さんが「保育園に子供を預けること」を選んだのは、保育園入園の日ではないということです。
子供を授かり、妊娠していた10ヶ月。
そして、生まれてから保育園が決まるまでの数ヶ月。
お母さんは常に自問し「保育園に預けるべきか、退職するべきか」悩んでいたのではないでしょうか。
そのときの気持ちを思い出し、気持ちを強く持つことです。

意外とケロッと笑顔でバイバイ

手を振る子供
そして、お母さんにとって一番嬉しいけれどもなんだか拍子抜けなのが、意外とケロッと笑顔でバイバイされたという“あるある”です。

「泣かれるんだろうな」などと覚悟していたにも関わらず、初めての先生に臆することなく、自然と抱っこされ、さっそく玩具で遊びだした・・・と言うお話もよくあります。
これには対処法はありませんね。
お子さんの頑張りを褒めてあげてください!

まとめ

以上、保育園の“慣らし保育”での“あるある”をまとめてみました。

“慣らし保育”はお母さんにとっても子供にとっても試練のときです。
しかし、試練が終わればきっと楽しい毎日が来ると信じて、是非頑張って乗り越えていきましょう!

いかがでしたでしょうか。
参考にしていただけますと、幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします