役員になると保育園がよりわかる!保育園役員のメリットについて。

驚く女性
「保育園は働いている親が子供を預ける場所」
だからこそ、幼稚園のように“役員”が何かをすることはない。
そう思っているお母さんも多いのではないでしょうか?

しかし実際は違います。
大きな保育園であればあるほど、役員は必要となり、そのお仕事は大変になるのが現実。

そこで今回は「保育園の役員」について焦点を当て、そのお仕事や役割について解説したいと思います。

保育園役員のお仕事

お仕事
認証保育園や無認可保育園の場合、規模が小さく役員活動がないという保育園もあります。
しかし認可保育園の場合、生徒数が多いこともあり、多くの場合父母会が存在します。
そして運動会などのイベント運営が会に委任されているケースが多いと言えるでしょう。
保育園役員の仕事には主に以下があげられます。

・運動会の手伝い
・クラス名簿の作成
・クリスマスや餅つき大会、納涼祭などイベントの手伝い・運営
・保護者会のとりまとめ
・親睦会の開催

役員はどういう人がなるの?

はてなマーク
主に、各クラスから1~2名、クラス役員が選出されることが多いようです。
そして、クラス役員の集まりによって“父母会”が結成され、保育園全体の役員として運営されるようになります。
保育園によっては、年中さんのクラス委員が中心となって会を結成するなどルールが決まっていることも多く、運営方法はまちまちです。

役員の選出方法

くじ引き
役員は主に「立候補」「くじ引き」「推薦」の3つの方法から選出されます。
卒園までに必ず1度は役員を引き受けなくてはいけない。
と言う暗黙のルールがあるケースが多いようです。
しかし、保育園のお母さんと言うのは社会で働いている場合が多く、意外とあっさりと役員が決まってしまうといううわさもあります。
「育児休暇中にやっておきたい」
「来年は子供をもう一人作る予定だから、今のうちに」
等と言う理由から、自ら立候補する人もいます。

幼稚園とは異なり、「仕事をしながら役員をする」のが前提のため、役員同士の会合も少なく、またあっても土日で行われるケースが多いでしょう。
また、お母さんではなく、お父さんが役員を引き受ける家庭もあるようです。

役員のメリット

メリット
それでは、役員を引き受けるとどのようなメリットがあるのでしょうか?
一番のメリットは「他のお母さん同士とコミュニケーションがとれる」ことと言えるでしょう。
また、普段は見えない保育園の内情を知ることが出来るのも大きなメリットとなります。

保育園は、「働くお母さんが子供を預ける」場所ですから、送迎時はバタバタしていることが多いでしょう。
他のお母さんと顔を合わせても、挨拶程度で通り過ぎてしまうため、ゆっくりとお話しする機会がなかなか無いのが実情です。
また先生とも話せる時間が少ないため、子供たちが実際にどんな日常を過ごしているのか、把握しきれない場合もあるでしょう。

役員の仕事は確かに大変ではありますが、子供や保育園のことを知るには良いチャンスであると言えるでしょう。

まとめ

以上のように保育園の役員について解説いたしましたが、いかがでしょうか?
役員と言うと尻込みしてしまうお父さん・お母さんが多いとは思いますが、子供や保育園のことを知るには絶好の機会だということがお分かりになったかと思います。
保育園は長い人では6年間過ごします。
子供の大切な幼児期を見守るためにも、役員の仕事を楽しみ、保育に参加してみてはいかがでしょうか?

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします