1年先を見越した保活!保育園・保活に関するよくある思い違いをピックアップ!

ワーキングマザー

もう2ヶ月後には4月。入園・進級シーズンももうすぐですね。今年保活に取り組まれている方は、そろそろ内定か保留かの通知が来たり、入園が決まった場合には園グッズの用意やママ自身の復職に向けての準備等、いずれの場合も心身ともにバタバタとなりがちな時期かと思います。

…という今、少し気の早い話なのですが、次の4月ではなく来年の4月(または年度途中)に保育園入園を考えているママの方(もしかしたらこの状況だとまだ出産前の方も対象!?)に向けて、「年度初めの保活&保育園事情」についてお伝えしたいと思います!

入園のチャンスは、4月だけではありません!

まず、「今年ダメだったから来年か…」と我が子が待機児童になってしまったことに悩まれているママの方!認可保育園の入園へのチャンスは、4月だけではありません!

基本的には、毎月入園の申請はできますので、一刻も早い復職等を希望する場合は、4月入園が叶わなかった場合も諦めずに願書を出し続けることをおすすめします。

やはり、卒園等で園児の入れ替わりがあり多量の園児募集がかかる4月入園を逃すと、後は転所や退所等で空きが出た場合に園児募集がかかることになる5月以降の入園は、さらに厳しくなるというのが現実となります。

しかし、ママの出産時期や育休期間・職種、子どもの状態等によっても、復職のタイミングが必ずキリ良く年度が変わるタイミングとなるとは限りませんよね。4月入園の募集やそうする方が多いだけであって、保育園自体は基本的に(枠があれば)いつでも入園可能です!

1歳の4月に固執せず、0歳入園も検討しよう!

次年度の4月入園を狙う場合、1歳の春に固執せず、「早めに入れるチャンスがあれば」と年度途中から願書を出し続けるのもアリです。

スムーズに途中入園できる可能性は決して高くはありませんが、申請をしていなければチャンスは0です。4月入園にとらわれず、諦めずに願書を出しておけば、思わぬチャンスがやってくるかもしれません。

公開イベントが無い!?決して「見られて困る保育」をしているわけではないのです!

保育園

春に保育園の公開イベントが無い場合の理由とは?

少し年上の子どものママたちが「○○保育園のイベント行こうと思ってたのに、春全然やってないみたいで…」「えー、見られたら困る保育してるのかな~」なんていう雑談を聞いたことがあります…。決してそうではないんです…!

というのも、秋頃の保活のシーズンにもなれば、多くの方がこぞって見学やイベントに行かれると思いますが、「時間も気持ちもゆとりのある春に」と望まれる方もおられます。

しかし、春に保育園の様子を見たい場合には、少し注意が必要です。というのは、実は「春は見学をできるだけ控えてほしい」と感じている園が多く、4・5月頃には公開イベントを行っていないケースが多いのです。

なぜなら、4・5月は年度初めで、保育園は在園児に新しい環境に慣れてもらうのに大忙しです。さらに、この時期は新入園児の子どもたちはママと離れて、寂しく感じながらも一生懸命先生やお友だちと過ごす時間に慣れようとしています。そこに、ママと一緒に遊びに来て抱っこをしてもらっているお友だちがゾロゾロやって来ると…。我慢をしている子どもたちはママに会いたい気持ちでとっても辛くなってしまうことも。

4・5月は、入園や進級で環境が変わった子どもたちが保育園に慣れていくための大切な時期です。刺激を少なく、安定した園生活へとつなげていきたい時期なのですね。

地域の子どもたちももちろん大切にしている保育園ですが、まずは在園児に落ち着いた環境を。春の保育園は、こんな理由でイベントが少ないのですよ。

保育園の見学に適した時期は?

早くとも6月頃~秋の一斉入所(保活シーズン)の頃に見学に行くほうが、子どもたちが保育園に慣れている日常的な園の雰囲気を見ることができますし、先生方も落ち着いて見学者の対応にあたることができます。

しかし、個別に園見学を申し込んだ場合は、受け入れてもらえる場合が多いと思います。上に同じく、必ず4月入園希望の親子ばかりではないのは園も承知ですし、ママや子どもが見学に行きやすいタイミングがたまたま春だということだってありますよね。

保育園は通年入園が可能で、見学の時期も柔軟に対応してもらえる場合が多いです。今年保活で残念な結果となってしまった方や、次の保活に向けて情報収集をされている方にとって、少しでも参考になると嬉しく思います。

原稿協力:piyomama
保育士をはじめ、乳児~小学生の先生経験を活かして執筆活動中。便利なグッズや情報を探すのが好きな、1児(男の子)のママ。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします