どんな事を聞かれる?しっかりと疑問を解決するには?『入園前面談』の活用法

入園前面談

3月になり、4月からの保育園の利用が決定された方は、グッズの購入や名前書き等、入園準備も忙しくなる頃になりましたね。また、手続きや書類関係も、これまでの役所での手続きから、各園での手続きにシフトし、入園決定者向けの園説明会も開催されていくかと思います。

保育園に入園をすると、毎日通うことになる保育園や、あいさつを交わすようになる先生方やほかのママの方々の中に、はじめて足を踏み入れる機会には、ママだってドキドキしますよね。

でも、せっかく参加するのであれば、しっかりと疑問は解決しておきたいもの!今回は、入園前面談の活用法をお伝えします。参考にしてください。

入園前には説明会と面談があるのが主流!

説明会は入園決定者全体に向けて入園の細則確認!

まず、保育園の入園前には、入園前説明会と面談がある園が多いです。二次募集(※)が終わってからこれらを開催する園が多いので、開催は3月半ば~下旬と、ママ自身も復職に向けて忙しい時期に行われる説明会ですが、予め園のしおりで規則や持ち物についてわかっている、という場合でも、可能な限り参加し入園に関するさまざまな疑問を解決しておきましょう。

説明会は入園決定者全体に向けて行われるので、これから我が子と一緒に園生活を送る子どものママの方々とあいさつを交わしたり、全体の雰囲気を見るのにも良い機会です。

また、しおり等資料に沿って説明を受けることにはなりますが、文面上だけでは分かりにくい細かいことがわかったり、先生方とコミュニケーションをとれる良い機会にもなります。

園のことをより詳しく知ったうえで入園式を迎えることができるので、参加はママの安心にもつながると思いますよ!

(※):地域によって方法や呼び名はさまざまですが、一斉入所申し込みで保留となってしまった子どもや、その後に保育園利用が必要となった子どもに、地域の保育園の空き状況と照らし合わせながら再度4月入園に向けて手続き&決定通知を出していく期間です。

説明会の後には個人面談も!気になる疑問も遠慮なく質問を!

また、多くの園では、説明会の後に簡単な個人面談があります。(別日程の場合もあります。)必ず担任予定の先生と面談ができるとは限りませんが、実際に我が子がお世話になる可能性の高い先生に、我が子について知ってもらう機会となるため、ぜひお子さんと一緒に面談に行ってみてくださいね。

面談では、こんなこと聞かれました!

これは昨年1歳で入園をした我が子の入園前面談の例ですが、面談では、以下のようなことを聞かれたり話をしました。

・説明会や資料について分からない事がなかったか
・(事前に記入をしておいた資料と照らし合わせながら)パパ・ママの仕事や祖父母の状況、子どもの持病・アレルギーの有無等についての確認
・子どもの離乳状況、使える食具(コップ、スプーン等を使えるか)、食への関心やこだわりについて
・トイレの状況(1歳入園の我が子は軽く触れる程度でしたが、隣の2歳児ママの面談から少し聞こえてきました)
・入園前にママと離れた経験(一時保育やパパ・祖父母に預けた経験)の有無、人見知りについて等
・保育園に希望することはあるか(積極的に何でも挑戦させてほしい、悪いことはしっかりと叱ってほしい等)
・入園に際して困っていること、聞いておきたいこと等(質問タイム)

個人面談は、説明会とは違い先生と一対一の面談となるため、質問もしやすく不安点についてもしっかりと伝えて共有しておくことができます。

気になることはメモを取っておくと確実!

また、何でも気軽に質問できる面談ですが、いざ初めての場所に行き初めて会う先生を目の前にすると、ママだって緊張して頭が真っ白になってしまうことも…!

「聞き忘れてしまった…」という後悔を減らすためにも、気になることはメモをしておくことをおすすめします。

もちろん、後でも電話等で質問をすることはできますが、育児記録をつける感覚で「そういえば我が子のここが気になる」といったこともメモをしておき伝えることができれば、入園前から我が子のことを先生方にしっかりと把握しておいてもらえる(場合によっては対応を考えてもらえる)といったメリットもあります。

面談に出席できないパパの意見も尊重して!

また、個人面談は平日日中に行われるケースも多く、パパ・ママ揃って参加できないケースも多いでしょう。

帰ってパパに話をした際「○○についてはどんな感じなの?」等、ママが思いつかなかった疑問をパパに投げかけられることも…!

パパ・ママそれぞれが我が子の園生活に気になることがあると思います。

面談前に、予めご夫婦で聞いておきたいことや要望があれば話し合いまとめておくと、よりスムーズですね。

ママの復職や我が子の楽しい保育園生活のために、ママが頑張るだけでなく夫婦で力を合わせたり助け合っていくことが、これからも大切になってきます。

パパが面談に出席をする場合にも、同じように、子どもの成長・予防接種状況・アレルギーについて等の共通理解も含め、きちんと話し合いをしておくことで安心して面談に臨むことができますね。

緊張する面談、けれどここは我が子の第二の家庭!リラックスして楽しんで!

入園前の説明会や面談の参加は、ママにとっても「保育園ってどんな所だろう?」「どんな先生やママたち子どもたちがいるのだろう?」とドキドキしてしまいますが、入園が決定し準備を進めている段階の今、もうこの場所は来月からの「我が子の第二の家庭」です。

ママ自身も、「保育園の中に入れるって楽しみ!」「誰かひとり、お友だちのママとあいさつできたらいいな」「(一緒に連れていける場合は)子どもの様子を先生に見てもらったり一緒に遊んでもらえたらいいな」といった、楽しみの&リラックスした気持ちで、我が子の新生活の場に行きましょう!

入園前面談をしっかりと活用し、ママは安心&子どもは楽しい新年度を迎えられるようにしたいですね!

原稿協力:piyomama
保育士をはじめ、乳児~小学生の先生経験を活かして執筆活動中。1児(男の子)のママ。

piyomamaさんのブログ ― 『ゆる育児のご提案』元保育士ママライターのブログ

スポンサーリンク:時短で美味しく低カロリー、おかずセット5食分 3,480円。安心の手作りおかず。丁寧に天然出汁を使って…

[ad] 結婚・出産における 女性の転職の タイミングは?

[ad] 上野動物園チケットをお得に!WEB購入なら600円→500円

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします