慣らし保育中の子どもたちは泣いてる?楽しんでる?お迎えには「このひと言」を!

今回は、筆者が保育士時代に保育園で見てきた0~2歳児の慣らし保育期間の子どもたちの様子をお伝えしたいと思います。

4月になり、慣らし保育もスタート、保育園の入り口で「ママー!!」と大泣きする子どもと別れる際、後ろ髪を引かれるような、ママ自身も泣きたくなる思いを感じてしまう場合も多いですよね。

お書きするものは、数ある保育園のほんの一部で、スケジュールや保育の様子については一例ではありますが、参考になればうれしいです。

慣らし保育とは “集団生活を体験していく期間”!

慣らし保育

まず、多くの保育園では、入園からしばらくは「慣らし保育」という期間を設けています

両親フルタイム労働の家庭の子ども等、保育必要時間の長い子は、早朝から夜まで約半日を保育園で過ごすことになりますが、これまでママと離れたことのない子にいきなりフルでの保育園生活は、子どもの負担が大きいですよね。

そこで、「慣らし保育」という、ママと離れる練習・保育園で先生やお友だちと過ごしてみる練習期間のような期間があるのです。保育園側から見ると、その子の様子を見ながら、ご家庭と細かい情報交換をすることができる期間となりますね。

慣らし保育は、2時間程度から少しずつステップアップ!

慣らし保育の時間は、保育園にもよりますが、筆者の元勤務先と我が子を預けている保育園(入園時は1歳でした)では、トータル2週間ほど慣らし保育期間がありました。2週間ときくと、少し長いように感じますが、少しずつ時間を増やしていく感じです。

第1ステップ

9-11時頃 約2時間
ママと離れて少し過ごす・先生やお友だちと一緒にお歌やおやつを楽しむ。給食前にお迎え

第2ステップ

9-12:30頃 約3~4時間
みんなで給食を食べる。お昼寝前にお迎え

第3ステップ

9-15時頃 約6時間
みんなでお昼寝をする。起きたらママがお迎えに来ているイメージ

~通常保育開始

この後午後のおやつをみんなで食べ、自由遊び。16時頃~順次お迎え

4月になると、ママは早期に復職を頼まれるケースも多いと思います。保育園によっては、ママのお仕事の都合を考慮し、初日から慣らし保育を経ずにフルで預かってくれる場合もあるようですが、ほとんどの場合は、第1・第2のステップに慣れる最短3~5日程度は、「早めのお迎えをお願いします」と言われるのではないでしょうか?

慣らし保育は大切な期間!無理をさせると子どもが体調を崩すことも!?

上記のように、慣らし保育ナシ、も実質不可能ではないですが、これまで一時保育で過ごしたりよほど適応力の高い子どもでなければ、子どもの負担が大きいがゆえに、子どもが体調を崩してしまうケースも多いと思います。

・元々抵抗力の弱い小さな子は、集団生活に入ることでより風邪などをひきやすくなる
・不安やこれまでの家庭生活とのリズムの違いから、しんどさや発熱を訴える
・泣きすぎたり、人見知りなどから、水分や食事がとれないことがある

程度にもよりますが、結局上のようなケースになると、職場の方へお迎えの連絡を入れなければならな場合も多いです。

筆者の周りの育休中のママたちは、慣らし保育や子どもが4月に一度は体調を崩すだろうと見込んで(?)、復職を4月下旬頃にされている方や、早期復職でもパパや祖父母と協力しながら、慣らし保育の指定時刻に誰かがお迎えに行くようにしていた方が多かったです。

歌やおやつ時はご機嫌に過ごしているケースも多いです!

保育園

ママ達が最も気になる、「慣らし保育期間中、私が迎えに来るまでずっと泣いているのでは!?」という疑問について。

お見送りの際大泣きしていて、迎えに行った際も「ママー!」と泣き顔で迎えてくれて…「数時間ずっと泣いていたのかな…」とここでまたママがつらくなってしまうこともありますよね。

もちろん、そういう場合もあります。(そんな時は、保育士が抱っこをしたり気分転換に外の風に当たってみたり、いろいろな工夫がされています。でも、さびしさや不安さが大きい子には数時間でもつらいですよね。)

一方、保育中はあっさりとしているというか、ママを見送ってしばらく目を潤ませていたものの、いつの間にかニッコリ笑顔に変わっている子もいます。結論から言うと、慣らし保育の過ごし方は子どもそれぞれ…ということになりそうですが…。

でも、筆者の経験上、後者の方が圧倒的に多いように感じます。0歳の子どもでも、慣らし保育の2時間泣きっぱなし、ということはほぼなく、抱っこをされたりお気に入りのおもちゃを見つけたりお歌が流れてくると…その時だけでも、泣き止んで遊んだり、心地よく眠りにつく子も多いのですよ!

1~2歳の子どもたちは、昨年度から在園していたお友だち(大人風にいうと“先輩”ですね!)がヨシヨシとしてくれたり、「一緒に遊ぼ」とおもちゃをわたしてくれたり。そういったほほえましい光景に「うん!」と笑顔になり遊びや活動を楽しんでいる様子も見られます。

やはり、長い時間が経つとママを思い出したり、他の子のママが先にお迎えに来ると、その時間頃には窓に張り付いて「ママー」と泣いてしまう子も多いですが(お迎えに着た時「あ、やっぱり泣いているか…」と感じるシーンはここですね)、初めての場所に来て数日で、少しでも上のようなシーンがあることは、その子にとってとても大きな成長だと筆者は感じます!

上野動物園チケット

「ごめんね」より「がんばったね」や「保育園楽しいね」

たとえ一日の大半を泣いて過ごしていても、お友だち同士の関わりができたり、先生からミルクをもらって飲むことができたり、きっと慣らし保育期間中にもその子ならではの成長があるはずです!

お迎えに行った際には、子どもが泣いていても「ごめんね」ではなく「がんばったね」「(今日した活動を先生に聞いて)○○したんだ、保育園楽しいね、お友だちと一緒は嬉しいね」等、子どもに前向きな言葉をかけてあげてくださいね!

慣らし保育期間が終わっても、やっぱりまだお別れが寂しく5月になっても別れ際に泣いてしまう子もいますが、必ずいつかは園生活に慣れ笑顔でバイバイできる日がやってきます!

不安なことや家での様子をどんどん先生と共有しながら、ママ自身も、離れたからこそ見える「我が子の今日一日の成長」を感じてみてくださいね。

原稿協力:piyomama
保育士をはじめ、乳児~小学生の先生経験を活かして執筆活動中。1児(男の子)のママ。

piyomamaさんのブログ ― 『ゆる育児のご提案』元保育士ママライターのブログ

▼こちらの記事もおすすめ
慣らし保育は、子供だけじゃない!お母さんにとっても試練の時。あるある&対処法をご紹介!|子ある日和
どうする!?和式トイレ!いつごろまでに?〇〇動作のサポートで余裕の下地作りを|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします