保育園の見学準備編 ~ 服装・持ち物・注意点 保活アドバイス ③

414893-min

保育園活動(保活)に欠かせない保育園の見学。申し込み前には積極的に保育園に足を運び、雰囲気を見ておきたいですよね。

今回は、保育園見学当日の服装や持ち物、そして注意点について紹介します。参考にしてみてくださいね。

保育園見学の服装は平服でOK!

飾りすぎず動きやすい服装が◎

基本的に園見学へ行く際は、日頃お子さんとお散歩に出かける時のような平服でOKです。しかし、以下のような服装を心がけておくと良いでしょう。

・保育園園内では子どもが裸足で活動している園も。スリッパを持参するか、滑りにくい靴下を選びましょう。

・応接室等で座って説明を聞き、園内や園庭を歩いてまわる、といった流れが多いです。温度調節できる服装がよいでしょう。

・ハデすぎやラフすぎる服装は避け、動きやすい服装で行くと良いでしょう。

もちろん、お子さんは普段の活動服でOKです!歩けるお子さんは(特に冬場)つま先までカバーされた服は滑ると危ないので避けてあげてくださいね。

持ち物は指定がなければ筆記用具+日頃のお世話グッズでOK!

次に、当日の持ち物です。メモを取れるよう筆記用具を持参しましょう。また、念のため携帯用スリッパをバッグに入れておくと安心です。電話で見学を申し込んだ際に何か指定があれば、それを持参しましょう。

一般的に保育園見学は30~90分程度です。その間、ママと赤ちゃんが快適に説明を聞いたり見学をするのに集中できるよう以下のようなものがあると良いでしょう。

抱っこ紐

保育園まではベビーカーで行っても構わないことが多いですが、園内には持ち込めません。ぐずってしまったりメモを取ったり園内移動も多いことを考えると、抱っこ紐があると便利です。

お世話用品・着替え

オムツ、授乳ケープ、粉ミルク、湯冷まし、着替え等(出発前に済ませておいても、少し持っておくと安心です。)

赤ちゃんがお気に入りのおもちゃ

話を聞いている間等静かに待っていてくれる場合もあります。ただし、保育園は基本的には園にはおもちゃ持込みNGで、また似たおもちゃがある場合も。必ず記名し、できればおもちゃ用のストラップ等でママバッグとつないでおきましょう。

当日の注意点は?時間とルールを守って有意義な見学を!

園見学では、遅刻はもちろんのこと早すぎる到着も先方の予定を狂わせてしまう場合があるので避けたいです。

当日行けなくなった場合や遅れそうな場合には、早めに連絡を入れ相談をするようにしたいですね。

なお、保育園は子どもが集団生活をしている場であり、風邪等をもらう・うつすということも頻繁な場所です。見学当日にお子さんの体調がすぐれない場合には無理に連れて行かず、別日を設定してもらえるよう相談してみましょう。

また、自転車やベビーカー等は適当な場所に放置せず、わからない場合は必ず職員の方に確認をしておきたいですね。短時間ですが、マナーを守り周囲や他の園児の安全に配慮することも必要です。

また、見学時にはすべて望んだとおりに見学させてもらえたりすべての疑問に応えてもらえるとは限りません。「○歳の部屋を見たい」といった希望や質問をするのはOKですが、NOと言われたことを無理にお願いしたり、必要以上に長居をしてしまうのは(園児は落ち着かず職員の手をとめてしまうため)避けた方が良いですね。

事前に聞きたいことをまとめておき、園側の指示に従うようにしましょう。

次回は、見学当日に「チェックするべきポイント」についてお伝えします。4月入園に向けての書類の申請はまだ先ですが、園見学は時間のあるうちに計画的に行ってみてくださいね。

原稿協力:piyomama
保育士をはじめ、乳児~小学生の先生経験を活かして執筆活動中。1児(男の子)のママ。

piyomamaさんのブログ ― 『ゆる育児のご提案』元保育士ママライターのブログ

ad:2・3・4・6歳から始める幼児のためのZ会【お試し教材無料プレゼント!】


▼こちらの記事もおすすめ
狙うのは来春4月入園!保育園の見学はいつ頃?保活アドバイス ①
いつかけるのがマナー?保育園見学を申し込む電話のポイント!保活アドバイス ②
保育園見学当日はココを見ておこう!チェックポイント!保活アドバイス ④

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします