保育園?幼稚園?それぞれのメリットとデメリット

812

小さな子供を持つ働くママにとって、近くに子供を預かってもらえる親族がいればいいですが、そうでない人もたくさんいます。そんな時子供の面倒を見てもらえるのは保育園か幼稚園ですね。ではどちらに預けるのが良いのでしょうか。

1.保育園と幼稚園の違い
保育園と幼稚園の一番の違いは、保育園が1歳前から預けられるのに対して、幼稚園は満3歳から預けることが出来るという点です。今は幼稚園でも2歳6か月から預かってくれる所もあるようですが、やはり保育所のほうが低年齢で預かってくれるので、すでに仕事をしていて育児休暇中のママは保育所を選ぶケースが多いですね。

2・保育園のメリットデメリット

<メリット>
先ほども述べたように、低年齢で預けることが出来るところが魅力的ですが、他にも、保育所は片親家族や両親とも働いている家族が預ける施設なので、長時間預かってもらえる・給食が出る・他の子供の親も働いているので長時間預けても子供が不満を感じにくい・行事など園の役員をしなくてもいいといったようなメリットがあります。

<デメリット>
園によって違いますが園庭や教室がとても小さくこじんまりとした施設も多く、遊具が外になく公園に行かないと遊ぶ場所がない・実際に預けるには審査があるため、人気の保育所には入ることが難しく希望通りに入所できないこともある・仕事を辞めると退園しなくてはいけないなどといったところでしょうか。また、保育料も収入に応じて変わってくるため、申し込む前に住んでいる市町村で実際に必要な費用を調べておくとよいです。

3・幼稚園のメリットとデメリット

<メリット>
幼稚園のメリットといえば、園庭が広い・近所の小学校にそのまま上がる子供も多いのですでに友達ができており、小学校に上がるときに子供が不安を感じない・園バスがあって朝送ってくれる・園の行事が多く、親が参加することも多いのでたくさんの思い出が出来る等があります。

<デメリット>
延長保育があっても夏季休業中等の長期休み期間までは預からない園がある・お弁当を作るのが大変・親が働いていない子供たちも通っているため、延長保育を嫌がる子供が嫌がる可能性がある等でしょうか。

上記の点で保育園・幼稚園では子供にとっても親にとっても費用面だけでなく、精神的にも負担が違ってきますが、一概にどちらが良いとは決められないものです。というのも、幼稚園でも長時間・長期間預かってくれる保育園のような機能を兼ね備えている園や、保育園でも幼稚園のように園庭が広く、教育やスポーツに力を入れている園も多数あるので、実際入園前に一度見学することをお勧めします。
ただ一つ注意しなくてはいけないのは、保育園と幼稚園の申し込み時期が重なることがあります。これも事前に確認しないと両方を申し込んでも、辞退できる保育園と違い、幼稚園の場合決まってしまうと入園金が発生する場合があるので注意が必要ですよ。

———————————————————————————————————-

▼入園が決まっているママさん必見!お役立ちアイテム♪▼

icon
icon

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード:,