赤ちゃんのしゃっくりが多い!?止め方は?原因は?

新生児
生まれたばかりの赤ちゃんは、頻繁にしゃっくりをしています。
初めて赤ちゃんをお世話するママさんは、その多さにびっくりし、心配になってしまうこともあるのではないでしょうか。

「赤ちゃんはなんでこんなにしゃっくりするの?」
「しゃっくりはどうやって止めたらいいの?」
といった、赤ちゃんのしゃっくりの疑問についてまとめてみました。

赤ちゃんのしゃっくりはなぜ起こる?

クエスチョンマーク
赤ちゃんのしゃっくりは、大人と同じで横隔膜が痙攣することによって起こります。
横隔膜とは、お腹と肺を隔てている厚い膜状の筋肉のことで、ここが働くことで呼吸ができるのです。

この横隔膜が何らかの刺激を受けると痙攣を引き起こし、しゃっくりとなります。
ただし、赤ちゃんの場合、まだこの横隔膜がしっかり発達しておらず機能も未熟なため、ちょっとした刺激で簡単にしゃっくりを引き起こしてしまうことになるのです。

赤ちゃんのしゃっくりって苦しくないの?

考える女性
赤ちゃんがしゃっくりする姿はとてもかわいらしいものですが、頻繁に続くとなんだか苦しそうで心配になってきますよね。

でも、心配しなくて大丈夫です。
赤ちゃんは別にしゃっくりを不快に思ったり、苦しくは思っていないようです。

よって、過剰に心配する必要はありません。
あたふたせずに、自然に収まるのを待っていて大丈夫です。

赤ちゃんのしゃっくりを止める3つの方法

指さしする女性
赤ちゃんのしゃっくりは、大人が思うほど苦しんでいないことが多いようです。
自然に止まるのを見守ってと言われても、やはり、なんだか気になって止めてあげたくなりますよね。
そんな時はこのような方法を試してみてはいかがでしょうか。

体を温めてあげる。

体が冷えるとしゃっくりが出やすくなると言われているので、体を温めてあげると良いです。
オムツが濡れていると体も冷えるので、こまめにチェックして交換してあげたり、手足を触って冷えているようなら、靴下やおくるみで温めてあげるのも効果的です。

ゲップをさせてあげる。

赤ちゃんがおっぱいやミルクを飲む時に一緒に空気を飲み込んでしまうことで、しゃっくりが起きることがあります。
おっぱいの後にしゃっくりが出始めたのなら、これが原因の可能性も高いので、縦抱きにしてしっかりゲップをさせてあげましょう。
また、ミルクの時に哺乳瓶の角度に気を付けたり、空気をたくさん飲み込まない工夫をしてあげると、しゃっくりが出る頻度も下がりますよ。

おっぱいやミルク、白湯を飲ませる。

体も冷えていなくてゲップが出そうな様子も無いなら、おっぱいやミルクをあげてみましょう。
赤ちゃんに水分をとらせてあげると、その刺激でしゃっくりが止まることも多いです。
この方法は、一番手っ取り早く効果も高いです。
温かい母乳やミルクは、赤ちゃんの体も温めてくれるので、一石二鳥ですね。

気を付けたいしゃっくり

注意!
基本的に、赤ちゃんのしゃっくりはよく起こるもので、特に心配する必要はありません。
しゃっくりが長く続いても、機嫌が良さそうならそのまま見守っていてあげて大丈夫です。

ただし、しゃっくりが一日中あるなど、あまりにも長く出続ける場合や、同時にぐったりしていたり明らかに機嫌が悪い時は、他に何らかの原因や病気が隠れている可能性があります。
よって、何かおかしいなと思ったら、すぐに医師に相談し、診てもらって下さいね。

まとめ

赤ちゃんのしゃっくりは、体の成長とともに自然と少なくなっていきます。
よって、しゃっくりが気になるのも、ほんのわすが数ヶ月のことです。
赤ちゃんの小さな変化に敏感になることも大事ですが、あまり深く考えたり悩んだりせずに、おおらかな気持ちで赤ちゃんと向き合い、お世話を楽しむことができたらいいですね。

いかがでしたでしょうか。
参考にしていただけますと幸いです。


▼こちらの記事もおすすめ
頻繁に起こる赤ちゃんのしゃっくり。どうして?いつまで?止め方について。|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: