赤ちゃんの靴はいつから必要?サイズ合わせのポイントは?どんなデザインが良いの?

靴を履いた赤ちゃん
小さくてかわいいベビーシューズ。
ネンネの時期を過ぎて立っちができるようになると、赤ちゃん用の靴選びを考えますね。
かわいいだけではなくて、赤ちゃんの足のことを考えた靴選びをしましょう。

ベビーシューズはいつから穿かせる?

ベビーシューズ
一人で立てるようになってきたらアンヨはもうすぐ。
早く靴を穿かせたくなりますが、そんなにあわてなくてもいいのです。
日本は室内では靴を穿きませんから、お部屋でヨチヨチ歩きをするときは、滑らないように裸足や滑り止めつきの靴下で様子を見ます。
そろそろお外で歩くようになる頃に足に合う靴を選びましょう。

靴は先に準備しておく?

赤ちゃんの足
赤ちゃんの靴を選ぶには、本人の足に合わせることが大切です。
小さいがゆえに少しのサイズの差が大きく影響します。
お祝いでもらったり、歩き始めたら穿かせたいと早い時期に購入しておくと、実際に歩き始める時期には足に合わないということもあるのです。
わずかな期間でどんどん成長する時期だからこそ、その時のサイズにぴったり合うものを選んであげてください。

サイズ合わせのポイント

靴を履いた赤ちゃん
小さな赤ちゃんの足に合った靴を見つけるためには、サイズだけではなく、形状など本人の足をしっかり計測して、試し穿きをさせるなどが大切です。
シューズ専門店やベビー用品店で赤ちゃんの足に合った靴を選んでもらいましょう。
その際のポイントは、かかとを靴に着けるように合わせます。
その上でつま先のほうに5~10mmほどのゆとりがあるようにします。
赤ちゃんの足の指は軟らかいので、多少小さめの靴でも穿けてしまうのですが、成長や歩き方に影響しますので注意しましょう。

靴下は穿かせる?

靴を履いた赤ちゃん
赤ちゃんは成長段階で、歩くのにも足の裏や指の感覚は大切にしたいので、裸足の方がこの感覚は育ちやすいのです。
そうはいっても、靴の役目は足を守ることです。
外の刺激から皮膚を守るために赤ちゃん靴もしっかり作られています。
柔らか素材を使っていても中には縫い目などがあって、赤ちゃんの皮膚には刺激となり靴ズレの元になったりします。
また、汗が直接靴の素材に付いてしまうと衛生面で心配です。
そこでベビーシューズの時には靴下を穿かせるようにしたほうが良いでしょう。

どんなデザインのものが良い?

ベビーシューズ
様々なベビーシューズがありますが、とにかく本人の足に合ったものが一番です。
ハイカットシューズも向き不向きがあります。脚がXやO脚気味で足首関節を保護する必要かあれば有効ですが、特に問題の無い場合は足首を固定し過ぎるとよくありません。
穿かせるときに無理なく足の出し入れができ、歩くときに簡単に脱げないようにマジックテープなどがあると便利です。

このようにベビーシューズは、必要な時期に本人の足に合わせて選んで穿かせるようにすることで、足の健康にも歩行の上達にも大きな役割を果たすのです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします