授乳服は必要?マタニティ期も、産後も、卒乳後も使える!洋服選びのポイントとは?

ワンピースを着た妊婦さん
プレママは産後から続く育児に備えて、いろんなものを揃えておきたいですね。
そんな中でも気になるのが授乳服です。
自宅でも必要ですし赤ちゃん連れで外出する時には授乳をどうする?と考えた時にマストアイテムである授乳服。
長く使える選び方などを考えましょう。

授乳専用の服

ハンガーに掛けられた洋服
マタニティーコーナーにもいろいろと揃えてありますが、
その中でも卒乳後も使えそうなタイプの洋服を選ぶと長期間使えて便利ですよ♪

ワンピース

胸元にスリットがあってさっと開いて授乳できます。
スリットが留められるようになっていたり、フラップできれいに隠れるようになっていると、授乳期を過ぎても使えますね。

カットソー

肌当たりも柔らかです。
脇の所がスリットになっていて、そこをずらして授乳できます。
スリット部分の重なりがしっかりしていたり留められるようであれば授乳期が過ぎても使えますね。

マタニティー服の活用

ワンピースを着た妊婦さん
大きくなるお腹や胸をしっかり包むマタニティー服も、胸が出せるような前開きなどのデザインを選ぶと産後に授乳服として使えます。
また、リボンなどでウエストサイズを絞れたり緩めたりできると、赤ちゃんが少し大きくなってからのママのお出掛け服としても、出産後も使えますね。

普通の洋服を活用

並べられた洋服
妊娠期、授乳期にとらわれず、普段の服から授乳に向くものを選ぶこともできます。
授乳専用の洋服は割と値段がはるものも多いので、妊娠をしたら産後の事も考えて洋服を選ぶといいですね。

ワンピース

授乳用のものでなくても、前がボタンなどで開いて授乳できれば良いですね。
デザインも豊富でオシャレもできます。
前がおへその辺りまで開くと使いやすいです。

襟ぐりの広いシャツ

前がボタンで開閉できなくても、襟ぐりを引き下げて授乳できる形のシャツもあります。
こちらもデザインも豊富ですし、普段使いで長く着られます。

カシュクール

こちらも胸元が深く開く上に、ふんわりとしたドレープがオシャレです。
前部分の重なり具合で授乳期でも活用でき、その後もオシャレ着として長く使えます。

羽織ものも便利!

ストール
外出先での授乳は人目も気になるもの。
授乳室が見つからないときなど、授乳用の服の上に1枚羽織る物があると良いですね。

ケープ

授乳専用のものもありますし、はおり物として普段使いしていたものを活用するのもいいですね。

ストール

1枚あると重宝します。
授乳の際にはもちろん、赤ちゃんやママのちょっとした冷え対策にも便利です。
大きさも質感も様々、オシャレなデザインもたくさんあります。

このように授乳期であっても、ちょっとした工夫で便利に使える服などがたくさんあります。
授乳だけに絞らずに服を選ぶと、その後も長く使うことができますよ!

是非、洋服選びの際の参考にしてみてくださいね。

▼こちらの記事もおすすめ
高いマタニティ服は買いたくない!妊娠中も産後も使える洋服5選

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします