子供が褒められた時どう対応しますか?謙遜はNG!正しい返し方を考えよう

娘をほめるママ
買い物の途中で知人に会ったとき、子供を褒められたらどう返答しますか?

「○○ちゃんって、本当よい子ね」
と言われ、
「そんなことないんですよ。家では酷くて・・・」
などと返してしまってはいませんか?

この返答はNG。
子供は謙遜をしりません。
そしてお母さんの言葉をそのまま受け取り、「家ではいつも褒めてくれるのに、うそだったんだ」と受け止め、傷つけてしまう危険性があるのです。

今回は、そんな“子供を褒められた”時の対処法について考えてみたいと思います。

素直に“ありがとう”と言う

ありがとう
海外ドラマや映画などを見ていると、子供を褒められた母親は「彼女は私の誇りなの」「彼女は私の生きがいよ」などと答えているシーンを見かけることがあります。
海外では、子供を褒められたときは素直に喜び、それを伝える傾向にあるようです。
しかし日本では、なかなかそういったシーンに出会うことはありません。
日本人には謙遜を良しとする文化が根強く残っているのです。

しかし、子供を褒められたときくらい、素直に喜んでみても良いのではないでしょうか?
私の誇りよ!とまで言う必要はありませんが、「ありがとう。」と受け止めてみてもよいでしょう。
子供も「僕が褒められたら、お母さんも嬉しい!」と思うに違いありません。

子供に“良かったね”と言う

良かったね
素直に「ありがとう」と受け止めるのが難しい場合は、「○○ちゃん良かったね、ほめられたよ」と言ってみるのも1つの手です。
親が褒められたと思うのではなく、子供を褒めてもらったと言うスタンスで望むと良いでしょう。

自分を謙遜する

謙遜する女性
賛辞をそのまますべて受け入れるのが苦手な場合は、自分を謙遜し、子供の賛辞は受け止めるという方法もあります。
例えば「○○ちゃん、絵が上手だね」と褒められた場合は、
「そうなんですよ。私は絵が下手なんですけどね、誰に似たのかな?」などといってみるのも良いでしょう。

部分的に認める

ポイント
「○○ちゃんは、おとなしくてよい子ね」
と褒められたとき、「今日はたくさんお昼寝したからかな?」などと、部分的に肯定する方法です。
この場合は「いつも何時頃にお昼寝しているの?」などと話題が広がり、情報収集に繋がるメリットもあります。

まとめ

謙遜を文化とする日本人には、褒められた言葉をそのまま素直に受け取り「ありがとう」と伝えることは難しいのかも知れません。
しかし、子供のことを褒められ、また子供が近くにいる場合は、一旦は賛辞を受け止めることも重要でしょう。

子供は“謙遜”を理解しません。
親が「そんなことない」と言った言葉をそのまま受け止め、自己否定してしまう可能性があるのです。

親は、子供を傷つけないためにも賛辞への回答は慎重に行い、そしてその褒め言葉をきちんと子供に伝え、成長に繋げることが重要なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします