赤ちゃんの肌は刺激に弱い!?洗剤の刺激が肌トラブルを引き起こすこともあるんです!

赤ちゃんの洗濯物
赤ちゃんの肌はその後の肌の基盤になります。
洗剤1つ取っても刺激がある物は極力避けて、正常な肌の状態を保って上げることでトラブルの起きにくい肌を作って上げましょう。

大人用の洗剤は刺激が強い!?

赤ちゃんの皮膚は厚さが大人の半分しかなく、機能が未熟な為に外部からの刺激をとても受けやすい状態にあります。
未熟な肌に刺激が加わると、肌のターンオーバーが乱れ、乾燥したり、湿疹が出来たりして肌トラブルが起きます。

赤ちゃんの頃に肌を正常な状態に保つと、大人になってからも肌トラブルが起きにくいと言われています。
肌の基盤が作られているわけですね。

そこで大切なことの1つに洗剤選びが挙げられます。
大人用の洗剤には界面活性剤や蛍光増白剤など赤ちゃんの肌には刺激の強い成分が含まれています。
大人の洗濯物と洗い分けするか、上記の成分が含まれていない、あるいは含有量が少ない洗濯を選んで一緒に洗濯する必要があるのです。

注意点を守らないと逆効果!?

洗濯洗剤
せっかく赤ちゃんの肌に刺激の少ない洗濯を選んでも、洗い方を間違えてしまうと逆効果になることがあります。
そこで守って貰いたいポイントが下記になります。

すすぎは洗い残りがないようしっかりと!

赤ちゃん用の洗剤は、安全性を重視して天然の界面活性剤を使用している為、石鹸かすが洗濯物や洗濯槽に残りやすかったりします。
洗濯物に付着すると赤ちゃんの肌に刺激になりますし、黄ばみの原因になります。
しっかりとすすぎをして洗い残りがないようにしましょう。

ウンチやヨダレなどしつこい汚れや雑菌が付いているものには予洗いやつけ置きを!

ウンチやヨダレには雑菌が多く、またシミになりやすかったりします。
付いてしまった場合は、つけ置きや予洗いなどをして、すぐに汚れを落としておきましょう。

大人の洗濯物と一緒に洗う際は、新品の服は避けて別で洗う!

大人の新品の衣類には、シワや縮み防止の為に加工の際、化学物質を使用しており、ある種の化学物質からホルムアルデヒドが検出されることがあります。
ホルムアルデヒドには発がん性があり、皮膚への刺激もかなり強いです。
赤ちゃんの衣類には厳しい規制がある為ホルムアルデヒドが検出されることはないですが、ホルムアルデヒドが付着している大人の衣類と一緒に洗うと、赤ちゃんの衣類に付着してしまう恐れがあります。
ホルムアルデヒドは水に溶けやすい性質がある為、洗濯で落ちるとは思いますが、少量でも残っていると炎症や湿疹などの原因になります。
新しい衣類は念の為赤ちゃんの衣類とは一緒に洗わないようにしましょう。

以上のポイントを守ることが赤ちゃんの肌を守ることに繋がります。
特に肌が敏感でない限り、赤ちゃんの免疫がある程度ついてくる1歳位までは、上記に注意しながら洗濯しましょう。

オススメの赤ちゃん用洗濯洗剤は?

赤ちゃん用の洗剤も今では色々ありますが、中でも赤ちゃんの肌に刺激がないようにこだわって作られた優秀な洗剤は特に人気で、お気に入りのブランドが決まっているママも多いです。
中でも人気上位のブランドをご紹介しましょう。

アラウベビー 洗濯用なめらか仕上げ剤

アラウベビー 洗濯用なめらか仕上げ剤
アレルゲンとなり得る成分を一切使用していない無添加の洗濯石鹸です。
天然ハーブオイルの爽やかな香りがふんわりと香るオススメの洗剤です。

ミヨシ石鹸 無添加ベビーの肌着洗い石鹸

ミヨシ石鹸 無添加ベビーの肌着洗い石鹸
80年以上の歴史あるブランドの無添加肌着洗いです。
良質な洗濯石鹸で原料にもかなりこだわって作られています。
柔軟剤を使わなくてもふんわり仕上るのがオススメポイントです。

シャボン玉石鹸 スノールベビー

シャボン玉石鹸 スノールベビー
シャボン玉石けんは1947年から化学物質無添加にこだわり、安心安全な石鹸を作り続けているブランドです。
特に低刺激にこだわりがある為、敏感肌の赤ちゃんにもオススメです。
また、柔軟性がなくてもふんわり仕上ります。

ピジョン ベビーランドリー ピュア

ピジョン ベビーランドリーピュア
育児グッズでおなじみのピジョンが出している赤ちゃん専用の洗濯洗剤です。
天然由来の界面活性剤を使用している為、洗浄力が高く、ウンチなどの汚れも落ちやすいです。
ゴワつきなどがない優しい洗い上がりです。

まとめ

洗濯1つ取っても、免疫がない赤ちゃんにとっては肌トラブルやアレルギーを引き起こす可能性がある為、慎重にならないといけません。

赤ちゃんの未熟な肌や機能が成長する過程は気をつけないといけないことが多く、母親は神経を使いますが、この時期はあっという間です。
トラブルを起こして後悔することがないように、できる事はなるべくしてあげたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします